早春に咲くクロッカスの花の由来とは?色による花言葉の違いは何?

| 植物 | , ,

寒い季節になると街角の緑が少なくなり、花が咲く春が待ち遠しくなります。そんな寒い時期にいち早く咲くクロッカスは、カラフルな色が人気の

素敵なお花ですのでプレゼントしたくなりますが、気になるのが花言葉です。

花言葉も素敵なものなら良いのですが、贈り物にして大丈夫なのでしょうか。

そこで、クロッカスとはどういう花なのか?また色別の花言葉について紹介します!

スポンサーリンク

クロッカスの花言葉とは

春を喜ぶ

クロッカスの花全体に対する花言葉は、次の3つ。

・青春の喜び
・切望
・信頼

このうちの「切望」ですが、ヨーロッパでクロッカスが「春を告げる花」とされているからです。

また春に咲く花は、青春時代若々しさの象徴にも例えられます。

長い冬を乗り越えて春の訪れとともに咲くクロッカスの花を、人は青春時代に重ねたのでしょう。

そして春が来たことの喜びと青春をクロッカスの花に託した…と考えると素敵ではないですか?

「信頼」という花言葉もありますし、相手を問わないプレゼントとしてクロッカスは最適ですね。

恋人に贈るときは要注意!

一方で告白やプロポーズなど、恋愛に関するプレゼントとしてのクロッカスは注意が必要。

というのも次の色のクロッカスには、こんな花言葉があるからです。


・愛の後悔

黄色
・私を信じて
・悪口を言わないで

実はクロッカスには、悲恋にまつわるギリシャ神話が。

ある時美青年として知られていたクロッカスが、羊飼いの娘スミラックスと恋に落ちます。

しかし神々はクロッカスの美しさを愛していたため、この恋を許さず二人を引き裂いてしまいます。

絶望したクロッカスは自ら命を経ち、スミラックスは嘆き悲しむことに。

この様子を見て悲しんだ花の女神「フローラ」が、二人をそれぞれ花に変えました。

それがクロッカスの花と、サルトリイバラ(スミラックス)の花となったと伝わっています。

クロッカスの花は美しいですが、恋人に贈るのは避けたほうが無難です

スポンサーリンク

クロッカスとはどんな花?

サフランと近い親戚

クロッカスはアヤメ科クロッカス属の花で、近い種類の花にスパイスでお馴染みのサフランがあります。

そのためクロッカスの別名には、「花サフラン」「春サフラン」という名前も。

ちなみにサフランと違って、クロッカスはスパイスとしては使えず、観賞用の花となります。

早春に咲く花

クロッカスはヨーロッパで春を告げる花と呼ばれていますが、日本での開花時期も2月~4月頃

地上すれすれで花を咲かせ、黄色・白・紫・赤などのカラフルな花が楽しめます。

またクロッカスは球根で育つ花なので、一度植えれば毎年花が咲く楽しみも。

しかも日当たりと水はけの良い場所であれば、特にお世話しなくても育つ丈夫な花でもあります。

室内で鉢植えや水耕栽培で育てやすいので、お子様と一緒に育てませんか?

□クロッカス(花サフラン)を食べるヒヨドリ

*ハチが蜜を求め、落ちた花を鳥が食べる。春らしい光景ですね。

もうひとつの悲恋

クロッカスは英語で「Crocus」と書きますが、この名前には2つの由来があります。

一つはギリシャ神話。花言葉で触れた話とは別の悲恋が、名前の由来となっています。

伝令神ヘルメスはある時、婚約者のクローカス(Crocus)と銀世界で楽しく遊んでいました。

やがて日も暮れたので帰ろうと、クローカスをソリに乗せたその時。突風がソリを押してしまい、クローカスはソリとともに谷底へ落下。

慌ててヘルメスは谷底を探しますが、クローカスは息絶えてしまいます。

ヘルメスは大変悲しみましたが、しばらくすると谷底に変化が。クローカスが血を流した場所から、美しい花が次々と。

これを見たヘルメスが、二人の愛の証として恋人の名前を名付けたのです。

糸状の・・・

もうひとつの由来ですが、「Crocus」がギリシャ語の糸(croke)が由来というもの。

クロッカスのめしべは細長く、それが糸に似ているのがその由来です。

実はクロッカスよりも更に糸に似ているのが、近い種類のサフラン。スパイスのサフランは、この糸のように伸びためしべを摘み取って乾燥させたものなんですよ。

春をおすそわけ

クロッカスは春を告げる花として、庭先やベランダに植えておきたい花。お世話も簡単ですので、はじめてのガーデニングや室内で育てるのにピッタリの花でもあります。

きれいな花が咲くことから、鉢植えに花言葉を添えてプレゼントするのも素敵。しかし恋人に贈るには、不似合いな花言葉があるのでその点だけは注意が必要です。

クロッカスのきれいな花をプレゼントして、春をおすそわけしませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

淡く可憐なコスモスの花言葉とは?開花時期や色による違いもご紹介!

https://youtu.be/-UfAo-AEn68 秋が近づくと河原や庭先などで見かける

記事を読む

お部屋に置きたいミニ観葉植物の育て方!置き場所はどこがいい?

雑誌に掲載されているようなお部屋には、観葉植物を効果的に配置したものをよく見かけます。

記事を読む

初めてでも大丈夫!部屋に置く観葉植物おすすめ5選!

オシャレな部屋を目指していても、どこか殺風景に感じることはありませんか? 部屋そのもの

記事を読む

ライラックの花言葉は何?白・紫・赤・ピンクの色による違いは?

5月半ばごろに札幌を訪れると、街なかでもふわりと花の香を感じることがあります。 どこか

記事を読む

ポインセチアの花言葉とは? クリスマスに使われる理由・由来

クリスマス用「ポインセチア」出荷ピーク 富山 http://youtu.be/RfsRBkQau0

記事を読む

すずらんの花言葉とは?フランス語での違いと怖い裏花言葉も紹介!

春になると様々な花が咲き、私達の目を楽しませてくれます。 その中でもすずらんは、愛らしいことも

記事を読む

エディブルフラワー(食用花)の種類には何がある?購入は通販で!

毎日の食卓が、どうもパツとしないと思ったことはありませんか? 煮物・炒めものなどの「茶色」が多

記事を読む

ポインセチアの育て方!冬でも長持ちさせるコツは?

クリスマス近くになると、いたるところで見かけるポインセチア。 戴いたり、買ったりしたことのある

記事を読む

スイートピーの花言葉は何?咲く季節と名前の由来も紹介!

赤い花が咲くイメージがあるスイートピーは、花束やフラワーアレンジメントで人気の花。 また可憐な

記事を読む

ムクゲ(木槿)/ムグンファ(無窮花)の花言葉とは?開花時期はいつ?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がまず挙がりますよね。日本の桜のように、他の国にも「国を代

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

柊(ひいらぎ)の花言葉や花の特徴。セイヨウヒイラギとの違いは?

クリスマスシーズンになると、ギザギザの葉っぱと赤い小さな実の組

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑