春の花といえば何?開花時期や花言葉は?漢字ではどう書く?

| 植物 | ,

になると寒い冬が我慢できなかったとばかりに、様々な美しい花が開花します

赤・白・ピンク・黄色といった花々は、見る人の目を楽しませてくれますよね。ちょうどゴールデンウィークの頃に見頃を迎える花も多く、ちょっと遠出をしたくなるかも。

そんな春の花々ですが、あなたはどんな花を思い浮かべますか?

花言葉も気になりますね。

そこで、春の花といえば思い浮かべる花について、
・花の特徴
・開花時期
・花の漢字
・花言葉

をそれぞれご紹介します!

スポンサーリンク

代表的な春の花を紹介!

開花時期:
3月~5月(品種・地域による)

春を代表するだけでなく、日本を代表する花でもある

桜は品種改良のしやすい樹木とも知られ、その数は600品種以上にも。

その中でも特に有名なのが、次の2品種です。

○ソメイヨシノ
漢字で書くと「染井吉野」となりますが、これは染井村(今の東京都豊島区)の住人が改良したから。ソメイヨシノは種子では増えず、全ての樹木が「接木によるクローン」で増やされたものとなります。

○オヤマザクラ
漢字で書くと「大山桜」となり、山で見られる「ヤマザクラ(山桜)」より一回り大きい花が特徴です。

地域によって呼び名がかわり、北海道では「エゾヤマザクラ(蝦夷山桜)」とも。また淡い紅色の花が咲くことから、「ベニヤマザクラ(紅山桜)」と呼ばれることもあります。

そんな桜の花言葉は、

・精神の美
・優美な女性

というもの。見た目の美しさとパッと散る様子が良く分かりますね。

ちなみにソメイヨシノの花言葉は「純潔」、オオヤマザクラは「優れた美人」となります。

チューリップ

開花時期:
3月下旬~5月

春の花壇を彩るチューリップは、世界中で人気の花の一つです。

日本で桜の品種改良が盛んだったように、チューリップはオランダで盛んに品種改良された花。その品種は5000種以上とも言われ、現在もその数が増え続けています。

チューリップは球根で育つ花で、一度植えると毎年花を咲かせてくれます。

ただし花をきれいに咲かせるには、1ヶ月ほど5度以下になる環境に置く必要が。そのため球根は秋に植えて、土中で越冬させるのが上手に咲かせるコツなんですよ。

実はチューリップは漢字で書くと、「鬱金香(うこんそう)」となります。

これはチューリップの香りが、ウコンの土っぽい香りに似ていることから名付けられました。ただし現在は品種改良も進み、良い香りのするチューリップもあるので安心してくださいね。

そんなチューリップの花言葉は、次の2つ。

・思いやり
・博愛

また色別には、次の花言葉となります。


愛の告白

黄色
実らぬ恋

失恋

恋人に贈るときは、黄色と白は避けて赤だけにしたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

タンポポ

開花時期:
4月~5月・7月~9月

樹木なら桜・花壇ならチューリップなら、野に咲く春の花の代表はタンポポではないでしょうか。

黄色い花をよく見ると菊に似ていますが、実はキク科の植物なんですよ。

タンポポは大きく分けると、在来種と外来種に分けられます。

在来種は春に咲く背の低いもので、外来種は初夏に咲く背の高いもの。

最近ではこの二種類の交雑が進み、見分けが付きにくいタンポポも存在します。

タンポポを漢字で書くと「蒲公英」となりますが、これは中国語が由来。またタンポポを漢方薬で使うこともあるのですが、そちらの表記も蒲公英となります。

そんなタンポポの花言葉は、次の3つ。

・愛の信託
・真実の愛
・離別

花占いに用いられた事から愛を告げるもの、そして綿毛が飛ぶ様子が別れを表しています。

菜の花

開花時期:
4月~5月

一面に咲く菜の花畑はまるで黄色いジュータンのようで、観光スポットになっている場所も多くあります。

また種は菜種油(キャノーラ油)の原料に、葉や花は春を味わう味覚としてもお馴染み。

しかし「菜の花」と呼ばれるものは、何種類もあることをご存知ですか?

菜の花と呼ばれる植物は、アブラナ(油菜)・セイヨウアブラナ(西洋油菜)がメイン。アブラナは主に食用の野菜として、セイヨウアブラナは主に菜種油用に栽培されています。

また観賞用として公開している所では、野沢菜やカブの花を「菜の花」として公開しているところも。

これらの花も5月頃にきれいな黄色い花を咲かせますので、違いを見比べるのも楽しいですよ。

□菜の花・北海道滝川市

*北海道・滝川市には、どこまでも広がる菜の花畑があるんですよ!

そんな菜の花の花言葉は、次の2つとなります。

・快活
・明るさ

花の色を見ていると、こんな花言葉になるのもが分かりますね。

春の花は他にもたくさん!

今回は街角や花壇などでよく見かける、春の花を4つ紹介しました。

しかし春の花はまだまだたくさんあり、私達を楽しませてくれます。

桜と共に春を告げる花としてお馴染みのや、黄色い花の街路樹として見かけるミモザ

花壇では水仙アネモネも咲いていますし、5月になればカーネーションも見かけますね。

春はお出かけしたくなる季節ですし、様々な場所で花を探しに行きませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

スイートピーの花言葉は何?咲く季節と名前の由来も紹介!

赤い花が咲くイメージがあるスイートピーは、花束やフラワーアレンジメントで人気の花。 また可憐な

記事を読む

冬の花・節分草(セツブンソウ)の花言葉は?おすすめの群生地はどこ?

毎年2月に訪れる節分には、豆まきや恵方巻きを食べて開運を願います。 また節分は暦の上で

記事を読む

芝桜(シバザクラ)の正しい育て方。増やし方や植え方のポイントも

http://youtu.be/PKbhQv8avu8 季節の花々は、私たちの目と心を楽しませ

記事を読む

体にも自然にも優しい、虫除け効果のある植物おすすめ4選!

夏が近づくにつれて、窓を開けて開放的に過ごす時間も増えますよね。 外の空気は気持ち良いですが、

記事を読む

すずらんの花言葉とは?フランス語での違いと怖い裏花言葉も紹介!

春になると様々な花が咲き、私達の目を楽しませてくれます。 その中でもすずらんは、愛らしいことも

記事を読む

ザゼンソウ(座禅草)の花言葉とは?有名な群生地はどこにある?

寒い冬を家で過ごしていると、春が近づくにつれて自然と触れ合いたくなりませんか。 身近な植物で春

記事を読む

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。 一方で「菊の御紋」に代表される

記事を読む

クリスマスローズの花言葉とは?その由来は?

クリスマスローズって、素敵な名前のお花ですよね。 ヨーロッパ原産のクリスマスローズは、日本では

記事を読む

早春に咲くクロッカスの花の由来とは?色による花言葉の違いは何?

寒い季節になると街角の緑が少なくなり、花が咲く春が待ち遠しくなります。そんな寒い時期にいち早く咲くク

記事を読む

お部屋に置きたいミニ観葉植物の育て方!置き場所はどこがいい?

雑誌に掲載されているようなお部屋には、観葉植物を効果的に配置したものをよく見かけます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

アイスクリーム/アイスミルク/ラクトアイスの違い。食べるならどれ?

最近は季節を問わずアイスを食べる人も多いですが、やはりアイスは

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑