ほうじ茶の効能と健康に良い効果とは?飲むなら朝と夜のどっち?

最終更新日: | 飲食 | , , ,

食を食べた後には、やはり日本茶が飲みたくなります。ほのかな苦味と甘味の緑茶も良いですが、香ばしい香りと甘みのほうじ茶も美味しいですよね。

特に緑茶の苦味が苦手な方にとって、ほうじ茶は飲みやすいのではないでしょうか。そんなほうじ茶ですが、ただ美味しいだけでありません。体に良い様々な効果があるのをご存知ですか?

「ほうじ茶」の効能や、健康や美容に良い様々な効果について紹介します!

スポンサーリンク

ほうじ茶の健康に良い効能

ほうじ茶とは

ほうじ茶とは、香ばしく炒った茶葉でいれたお茶のこと。使われる茶葉は緑茶と同じもので、日本茶の一種となります。

お茶の色は茶色で、香ばしい香りと苦味の少ないまろやかな味が特徴。地域によっては、気軽に飲めるお茶という意味で「番茶」とも呼ばれます。

roastedgreentea001

低カフェイン

日本茶にはカフェインが含まれ、妊婦さんや貧血の治療中の方は控えたい飲み物の一つ。

しかしほうじ茶は緑茶と比べるとカフェインの含有量が少なく、安心して飲めるお茶となります。

ちなみに緑茶やほうじ茶の、1杯分(150ml)当たりのカフェイン量は次の通りです。

お茶 カフェイン量(一杯当たり)
緑茶(玉露) 180㎎
緑茶(煎茶) 30㎎
ほうじ茶 10~20㎎

ほうじ茶のカフェイン量が少ないのは、成長したお茶の葉を使うから。お茶の若葉にはカフェインが多いのですが、成長するに従ってその量が減少。

更にカフェインは高温にさらされると減少するため、ほうじ茶はカフェインが少ないんですね。

緑茶と同様にカテキンが

ほうじ茶も緑茶と同じ茶葉ですから、緑茶と同様に茶カテキンを含みます。

カテキンはお茶の苦味に含まれる成分で、ポリフェノールの一種。お茶が健康に良いと言われているのは、カテキンがもたらす効能によるものが多いんです。

ただし炒ってしまう関係上、緑茶よりはカテキンの量は少なめ。しかしカフェインが少ないというメリットがあるため、緑茶よりも多く飲める安心感もあります。

スポンサーリンク

ほうじ茶の健康効果

殺菌効果

ほうじ茶に含まれるカテキンには、私達の体に嬉しい効果がいくつもあります。

まずは、カテキンによる強い殺菌効果

口に含むと口内環境の悪い菌が減少し、虫歯や口臭予防につながります。またうがいの水をほうじ茶に変える事で、風邪予防やインルフエンザ予防にもなります。

roastedgreentea002

美肌効果

カテキンには強い抗酸化作用があり、老化を招く活性酸素を除去する効果があります。

特にお肌に現れるシミやシワに対しては、お茶に含まれるビタミンCとの相乗効果が。ビタミンCには出来てしまったシミを薄めたり、紫外線で傷ついたお肌を回復する効果も。

ほうじ茶を飲むことでお肌の回復力を高め、若々しいお肌を保つ手助けとなります。

脂肪を減らす効果

食後にお茶を飲むと口の中がさっぱりするのは、カテキンに脂肪を分解する効果があるから。この効果で有名なのは烏龍茶ですが、ほうじ茶にも同様の効果が。

そのためほうじ茶を食後に飲むことで、脂肪がつきにくくなる効果も期待出来ます。

冷え性改善

お茶に含まれるカフェインには血管収縮効果があり、体が冷えやすくなってしまいます。

しかしほうじ茶はカフェインが少ないため、他のお茶に比べると体が冷えません。

しかもほうじ茶独特の香りに含まれる「ピラジン」には、血管を広げる作用が。

そのため体が冷えるどころか、血流アップによって冷え性解消にも繋がるんですよ

リラックス効果

ほうじ茶を飲むと気分が落ち着くのは、ピラジンには更にリラックス効果があるからです。

そのため仕事の合間に一服すると、気分が落ち着いて効率アップにつながります。血流アップで全身に栄養も行き届くため、心と体の疲れも自然とほぐれていきますよ。

ほうじ茶の効果的な飲み方

roastedgreentea003

朝に一杯

ほうじ茶は飲みたい時に飲んで良いのですが、健康的な効果を期待するならに飲むのがオススメ

寝起きのぼんやりした体を、程よいカフェインが目覚めさせてくれます。その上で血管が広がって体が暖まり、活動しやすい状態に。

口内もすっきりするので、出勤前のエチケットにも最適です。

眠る前に一杯

ポカポカ効果とリラックス効果を最大限に活かしたいなら、おやすみ前の一杯がオススメ

お茶はカフェインが含まれるので目が覚めてしまうため、本来は寝る前に飲むのはNG。しかしカフェイン含有量が少なく、体が暖まるほうじ茶は寝る前でも大丈夫です。

心地よい香りのリラックス効果もあるので、自然と優しい眠りへと導きます。

□ほうじ茶職人レシピ8 ほうじ茶の美味しい淹れ方

*ほうじ茶は熱湯で入れるのが、香りと味が良くなるコツです。

美味しいほうじ茶で健康的に!

うじ茶の味わいはどこか優しく、イライラした気持ちをいつの間にか沈めてくれる効果があります。

また殺菌効果のおかげで風邪予防にもつながり、血流アップで冷え性改善にも。お茶で気になるカフェインは少なめですが、飲み過ぎればやはりトイレは近くなるので要注意。

1日2~3杯程度を目安として、リラックスタイムに頂きたいですね。

香りと味に癒されるほうじ茶で、健康的な毎日を過ごしましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

ダイエットや美容に!雑穀米の栄養と効果は?玄米との違いは何?

健康やダイエットに気を使いたいと思う一方で、健康的な食事や運動を毎日続けるのは大変です。 運動

記事を読む

冷凍して美味しく食べよう!冷凍卵の作り方と活用レシピ!

生卵・ゆで卵・溶き卵に、目玉焼きに卵焼き…。 卵は昔も今も人気の食材の一つですね。 その

記事を読む

賞味期限と消費期限の違いとは?開封済みの場合はどうなるの?

食品を購入する時に状態や値段も確認しますが、「賞味期限」もチェックしてから購入しますよね。

記事を読む

ココアの冷え性改善効果は抜群!ダイエットにも良い飲み方とは?

寒い冬になると飲みたくなるのが、甘い香りと味がほっとするココアです。 コンビニのホット

記事を読む

冷奴はダイエットに最適?気になるカロリーや食べ方を紹介!

暑くて食欲が無いときでも、冷たい冷奴なら食べられるという方も多いのでは。豆腐の水気を切って薬

記事を読む

もち麦ダイエットの効果やおすすめレシピ!もち麦のカロリーは?

理想的なダイエットとは、程よくカロリーを抑えつつきちんと食事を取ることと運動すること。

記事を読む

アスパラガスの優れた栄養とカロリー!体に嬉しい食べ方とは?

アスパラガスは緑色が鮮やかで、お弁当に入れると華やかになりますよね。 クセが少なく甘みが強いた

記事を読む

だだちゃ豆と枝豆の違い。味や栄養面ではどう違うの?

夏の定番おつまみといえば枝豆。 お酒のお供に、おやつにと、美味しくてついつい手が止まらなくなります

記事を読む

アボカドの上手な切り方と保存方法は?アボガドと読んでもいい?

アボカドはとろっとした味わいも美味しく、美容に良いことからメニューに取り入れたい食べ物の一つ

記事を読む

苦い渋柿を甘くする方法とは?柿に含まれる栄養効果もご紹介!

甘くて美味しい柿を食べていると、秋が来たなぁと体で感じられます。 でも美味しい柿の中に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

四葉のクローバーの意味と花言葉とは?見つかる確率はどのくらい?

https://youtu.be/PDBPPFsCGoQ アクセ

紫外線による目の日焼けの症状とは?効果的な対策方法と言えば?

夏が近づくと重要になるのが、紫外線対策です。 特に夏は外

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べ

バーベキューの差し入れで喜ばれるものと言えば?デザートならコレ!

夏が近づいてくると、楽しみたくなるのがバーベキュー。 み

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑