百聞は一見にしかずには続きがあった!?その言葉の意味や由来とは?

最終更新日: | 役立つ雑学 | , ,

hyakubunikken1

常生活や人生での様々な節目において、参考になったり戒めとなる言葉があります。

例えばことわざや四字熟語など、昔から伝わる言葉にはふと考えさせられるものばかり。

この様なことわざで有名なものの一つに「百聞は一見にしかず」がありますが、実はこのことわざに続きがあることを知っていますか?

「続きなんて聞いたことがない!」という方も多いかも知れませんが、実は続きの言葉はいくつも伝わっているんですね。

どんな由来や意味があるのか気になりますね。

そこで今回は、
・「百聞は一見にしかず」の意味や由来
・「百聞は一見にしかず」の続きの言葉とその意味

をまとめて紹介します!

スポンサーリンク

「百聞は一見にしかず」の意味は

自分で確認を

「百聞は一見にしかず(ひゃくぶん は いっけん に しかず)は、ことわざの一つ。

判りやすい言葉に直すと、
「百回聞いてたとしても、一度見る事にはかなわない」
というものです。

hyakubunikken2

その意味は、「人から何度も聞くよりも、実際に自分の目で確かめた事の方が良い」というもの。

他人から聞いて知ったつもりになるのではなく、実際に自分で確かめなさいという戒めの言葉でもあります。

ちなみに「百聞」はそのまま100回と取るのではなく、何度も繰り返して…といった意味になるので注意してくださいね。

中国の武将の言葉

「百聞は一見にしかず」ということわざは、「百聞不如一見」という漢語が元になったもの。

その由来は、古代中国のある逸話から取られたものです。

古代中国にかつてあった前漢という王朝に趙充国という将軍がいました。

とある戦の際に、皇帝が趙充国に「相手の軍勢はどれぐらいの規模でどう戦うのか?」と尋ねました。

それに対して趙充国は「人から状況を聞いても、実際に自分で見ないことにはわからない」と回答。

その上で「自分自身が前線まで行って状況を確認してから戦略を立てたい」と前線に出る許可を願い出ました。

実際に見た上で判断しないと意味がないというこの逸話は、「漢書・趙充国伝」という書物に残されています。

それが「百聞不如一見」であり、日本語に訳されて「百聞は一見にしかず」となったんですよ。

スポンサーリンク

百聞は一見にしかずの続きの言葉は?

後世に付け加えられた、続きの言葉

「百聞は一見にしかず」には、後世になっていくつかの続きが付け加えられました。

いつの時代に追加されたのかは不明ですが、それだけこの言葉に強い感銘を受けたのでしょう。また「よく考えてより良い人生に」と思った、先人の戒めなのかも知れませんね。

付け加えられた続きの言葉はいくつかありますが、代表的なものは次のものとなります。

・百見不如一考(百見は一考にしかず)
・百考不如一行(百考は一行にしかず)
・百行不如一効(百行は一効にしかず)
・百効不如一幸(百効は一幸にしかず)
・百幸不如一皇(百幸は一皇にしかず)

最初の「百見不如一考」の読みは「ひゃっけん は いっこう に しかず」ですが、それ以外の4つは全て同じ読みで、「ひゃっこう は いっこう に しかず」となります。

同じ読みなのに漢字が違う事にも驚きですね。

hyakubunikken3

それぞれの意味は?

これらは各自で意味がありながら、それぞれ連携した意味を持つものとなります。

■百見は一考にしかず
沢山見ても、それを基に自分で考えなければ意味がないというもの。

■百考は一行にしかず
いくら考えても、考えた事を実行に移さないと意味がないというもの。

■百行は一効にしかず
様々な行動を起こしたところで、一つでも成果を得られないと意味がないというもの。

■百効は一幸にしかず
いくら成果が上がったとしても、それが幸せに繋がらないなら意味がないというもの。

■百幸は一皇にしかず
個人の幸せが沢山あっても、全ての民のために行動しなければならないというもの。

最後には「民のために」と、「皇」という文字を用いてスケールの大きなことわざとなってしまいます。

これは、皇帝が国を支配するという古代中国における考え方に基づくものだからです。

皇帝は最終的に、自分の国の全ての民を幸せにしなければなりません。ですので自分個人の幸せよりも、更に上を目指すべきと言っているのです。

そして民のために行うことを突き詰めると、まずは自分で見て判断しなさいという事。「なにかを成し遂げるには、自分の目で見ることから始める」という事でもありますね。

まずは自分で

最近ではインターネットやスマホの発達で、自宅にいながら世界中の情報を知ることができます。その中には、いわゆる「デマ」や「ウソの情報」も混ざっていることも。

そういった情報をそのまま信じるのではなく、別角度から確認したり調べることも大切です。

現在社会においても、「百聞は一見にしかず」ということわざはそのまま通じるもの。そうして得た事を生かして、更に自分を高めたり周囲の人を手助けできるようになりたいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

本についた嫌な匂いをキレイに消す方法は?

古本や古書についた特有の匂い。 大事な本、貴重な本であっても、 気になる匂いがついていた

記事を読む

官製はがきと郵便はがきの違いとは?私製はがきはどう違うの?

趣味と実益を兼ねて、懸賞に応募するという話をよく聞きます。 メールでの応募も増えている

記事を読む

ピンキリの意味や由来。ピンとキリではどっちが上なの?

日常の会話の中で、ちょっとした言い回しを聞くことがよくあります。なんとなく意味はわかるけれど

記事を読む

月の表面の様子や表面温度ってどうなの?裏側はどうなってる?

月に人類が降り立って40年以上が過ぎましたが、未だに月は遠く離れた存在。 いつか誰でも

記事を読む

「お疲れ様です」と「お疲れ様でした」の違いって何?どう使い分ける?

挨拶は、人間関係の基本。 職場でも気持ちのいい挨拶を心掛けたいですよね。 「お疲れ様です」と

記事を読む

アメリカンコーヒーとブレンドコーヒーの違い!アメリカンは薄い?

朝は1杯のコーヒーから! という方、多いんじゃないでしょうか? 私もその1人ですが、

記事を読む

「制作」と「製作」の違いとは何?それぞれの意味と使い分けは?

日本語には同じ音で違う漢字と意味を持つ言葉が多く、迷ってしまうことがよくあります。 漢

記事を読む

終日の読み方や意味。全日との違いは何?使い方はどうする?

事故などで電車が運休となってしまうと、出勤やお出かけに影響が出てしまいますね。少し待てば運転

記事を読む

満腹に要注意!腹八分目でおさえるコツは?どれくらいが腹八分目なの?

お腹が空いているときに、美味しいものをお腹いっぱい食べられると、幸せな気分になりますよね。

記事を読む

ゲン担ぎに!縁起の良い1桁と4桁の数字は何?逆に縁起の悪い数字は?

ナンバープレートの数字が、好きなものを選べるようになってだいぶ経ちます。希望する数字が空いて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べ

バーベキューの差し入れで喜ばれるものと言えば?デザートならコレ!

夏が近づいてくると、楽しみたくなるのがバーベキュー。 み

大曲花火大会(全国花火競技大会)2017年の日程。駐車場はどうする?

夏になると全国の夜空を彩る花火は、花火師のおかげで成り立ってい

関門海峡花火大会2017年の日程と見どころ!穴場の見学スポットは?

本州と九州を隔てる関門海峡は、昔より双方の行き来が盛んな場所。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑