花粉症対策にはヨーグルト!何の菌が効果あるの?食べる量は?

| 飲食 | , ,

pollenyogurt1

冬からへと向かう季節はウキウキする一方で、花粉症の季節の到来でもあります。

スギ花粉は全ての人が発症する可能性があり、去年まで大丈夫だった人もいきなり発症することが。

花粉症対策ではマスクで防御することも大切ですが、花粉に強い体づくりを行うことも大切です

そんな中で最近注目を集めているのが、ヨーグルトを食べて花粉症対策をおこうなう方法。

そこで、ヨーグルトが花粉症にもたらす効果や、効果的なヨーグルトの摂りかた・食べ方をまとめました!

スポンサーリンク

花粉症にヨーグルトが効果があるのはどうして?

花粉症を発症する仕組みを知ろう

ーグルトが花粉症に効果がある理由を説明する前に、まずは花粉症のメカニズムをおさらいしましょう。

人間には体内に侵入した悪い菌に対して、追いだそうとする「免疫」というシステムを備えています。

体にとって必要な免疫力ですが、花粉やホコリに過剰に反応してしまうことがあります。これが「アレルギー反応」であり、花粉症のくしゃみや鼻水は免疫力の過剰な反応の結果なんですね。

pollenyogurt2

乳酸菌が免疫力アップに

免疫力が過剰に反応してしまう原因の一つに、免疫力が乱れてしまうことが挙げられます。

特にアレルギーに関しては、Th1・Th2という2つの免疫細胞のバランスが重要な位置を占めています。

この免疫細胞のバランスを整えるのに、
・ヨーグルトの乳酸菌
・ビフィズス菌の一部

が効果があるという研究結果が。

そのため、ヨーグルトを摂取する事で、花粉症を和らげることが出来るのです。

腸内環境正常化がアレルギーにも効果的

免疫細胞は体全体に存在しますが、とくに集中しているのが腸内

そのため腸内環境が乱れると、アレルギーが出やすくなります。

腸内環境を整えるには、腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やしてバランスを整えることが大切

この善玉菌のエサとなるのが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌ビフィズス菌です。

腸内環境が整えば、自然と免疫力も整って正常化に向かいます。その結果アレルギー反応が出にくくなり、花粉症の症状が抑えられるんですよ。

スポンサーリンク

花粉症対策に効果的なヨーグルトの食べ方

2~3ヶ月前から予防開始

花粉症が出てしまった時にヨーグルトを食べても、劇的な症状改善は残念ながら望めません。

また、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌が、体でしっかり作用するにもある程度の時間がかかります。

そのため、花粉症対策にヨーグルトを活用するには、花粉の季節より前から食べることが大事なんですね

遅くとも1ヶ月前から毎日食べないと、ヨーグルトの効果は期待できません。可能であれば2~3ヶ月前から食べ始めると、花粉の季節にはよりよい状態に。毎日食べ続ける事で、腸内環境を常に良い状態に保つことがとても大切です。

pollenyogurt3

食べるなら食事の後に

ヨーグルトを食べるタイミングですが、基本的にはいつ食べても大丈夫。ただし乳酸菌などをより多く体内に届けたいのであれば、胃酸が弱まるタイミングを狙うのがベスト。

食事の後にデザートとして食べれれば、その前の食事で胃酸が薄まっているのでオススメです。

食事の量が多くなりがちな、昼食や夕食後にいかがですか?

一日に食べる量は?

一度に沢山ヨーグルトを食べても、乳酸菌などが一度に増えるわけではありません。

毎日コツコツ食べ続けることが、善玉菌を増やすコツ。

食べる量は1日に100g~200g程度が、食事のバランスなどから見ても適量。飲むヨーグルトもありますし、これぐらいの量なら続けやすいですね。

花粉症におすすめのヨーグルトの選び方

pollenyogurt4

効能別で選ぶ

ヨーグルトのパッケージには、どんな菌が入っているのかを明記しているものが多くあります。

その中で特に花粉症対策に効果が期待できる菌をご紹介するので、この中から選びましょう。

◆KW乳酸菌
アレルギー症状のうち、特にスギ花粉に効果を発揮します。

◆フェカリス菌
花粉症全般に強く、シラカバ・イネ科の花粉症の方におすすめです。

◆1073R-1乳酸菌
花粉症全体に対する、免疫力アップをサポートします。

◆L-55乳酸菌
くしゃみ・鼻水の出やすいアレルギーを、和らげる効果が期待できます。

◆LG21乳酸菌
特に腸まで生きたまま届きやすい菌なので、腸内環境を整いやすくなります。

◆LGG乳酸菌
腸に長くとどまりやすく、鼻づまりの解消が期待できます。

◆BB536ビフィズス菌
スギ花粉に強く、花粉症そのものを出にくくする効果も期待できます。

※BB536ビフィズス菌は「森永ビヒダスヨーグルト」に含まれています。スーパーでも手に入りやすいですよね。

参考記事:ヨーグルト菌の種類には何がある?効果を知って食べ分けよう!

手づくりケフィアヨーグルト

複数の乳酸菌と複数の酵母が共生発酵しているケフィアヨーグルトを食べるのもおすすめです!

乳酸菌も酵母も種類が多いので、1つのヨーグルトでは得られない効果が期待できますね。

作り方は簡単!「牛乳」か「豆乳」と一緒に混ぜるだけです。

また実際に花粉症の薬と併用している方で、ケフィアヨーグルトをとるようになってから大分楽になったという口コミもありますよ。

初回はお得にお試しできるので、まずは一度試してみるのも良いですね!


花粉症対策の一つとして

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は、花粉症のアレルギー反応を和らげる効果があります。

ただし、薬ではないため、摂取すれば必ず効果の出るものではありません。

また出てしまった花粉症に対しても効果はあまりないため、できるだけ花粉が飛ぶ前に毎日食べることが大切

また花粉の時期より前に毎日食べたからと言って、誰でも効果が出るというものでもないので、ヨーグルトだけに頼るのは厳禁。

病院での適切な治療と並行して、毎日ヨーグルトを食べて花粉の季節に備えましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

アスパラガスの優れた栄養とカロリー!体に嬉しい食べ方とは?

アスパラガスは緑色が鮮やかで、お弁当に入れると華やかになりますよね。 クセが少なく甘みが強いた

記事を読む

ダイエットや美容に!雑穀米の栄養と効果は?玄米との違いは何?

健康やダイエットに気を使いたいと思う一方で、健康的な食事や運動を毎日続けるのは大変です。 運動

記事を読む

焼き魚のきれいな食べ方とマナーについて。食べた後はどうする?

焼き魚をきれいに食べるのって中々難しいものですね。 切り身であれば、骨も少なく身も箸で

記事を読む

ズッキーニの栄養と効能!美味しい食べ方もご紹介!

ここ数年で一般的になった野菜の一つに、ズッキーニがあります。 家庭菜園でも育てやすく、夏になる

記事を読む

使い方や味で選びたい!人気のりんご5種類。美味しさの特徴とは?

https://youtu.be/RrzyuNAqkO0 秋から冬にかけて美味しくなる果物の一

記事を読む

チーズフォンデュのおすすめ具材はコレ!定番から変わり種まで

友人知人との集まりでチーズフォンデュを出すと、思わずテンションが上がりませんか? トロ

記事を読む

簡単にできるグレープフルーツの皮の剥き方。レシピもご紹介!

グレープフルーツは、栄養価も高く、とても美味しい果物。 ですが、その一方で食べるにはち

記事を読む

バイキングとビュッフェの違いとは?ブッフェも違うもの?

色々な料理を食べたいけれど、まとめて注文すると食べきれないですよね。 そんな方にとって

記事を読む

牛乳と生クリームの作り方の違いとは?代用はできるの?

ホットケーキを焼いた時、 「ホイップクリームがあれば”カフェ風”になるのに!」 と思ったこと

記事を読む

新生姜と生姜の違いとは?栄養面ではどう違うの?レシピもご紹介!

冷蔵庫に常備しておきたい生姜は、爽やかな辛味が特徴の野菜ですね。 いつでも買える生姜ですが、夏

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

四葉のクローバーの意味と花言葉とは?見つかる確率はどのくらい?

https://youtu.be/PDBPPFsCGoQ アクセ

紫外線による目の日焼けの症状とは?効果的な対策方法と言えば?

夏が近づくと重要になるのが、紫外線対策です。 特に夏は外

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べ

バーベキューの差し入れで喜ばれるものと言えば?デザートならコレ!

夏が近づいてくると、楽しみたくなるのがバーベキュー。 み

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑