草餅のカロリーはあんこの有り無しでどう違う?美味しい食べ方は?

最終更新日: | 飲食 | , ,

kusamochi1

正月に食べるお餅は、白い切り餅以外にも様々な種類があります。

黒豆の入った「豆餅」も美味しいですが、緑色の「草餅」も独特の風味があって大好きな方も多いのでは。特に草餅はあんこ入りのものが多く、コンビニのレジ前にあるとつい購入してしまいますね。

小腹の空いた時などにちょうどよい草餅ですが、カロリーが気になりませんか?

そんな草餅について、
・カロリーは高いのか?低いのか?
・あんこの有り無しでどう違う?
・美味しく食べる方法

をまとめて紹介します!

スポンサーリンク

草餅のカロリーはどれぐらい?

草餅とは

はよもぎの草を練りこんだお餅のことで、よもぎ餅とも呼ばれます。

あんこが入る場合は「草大福」とも呼ばれ、餅の代わりに上新粉にを使う事も。

現在ではよもぎを使っている草餅ですが、江戸時代に入るまでは母子草を使用。母子草とは春の七草でも使われるゴギョウの事で、香りに邪気払いの効果があると言われていました。

一方で「母と子」をきねでこねる事から、縁起が悪いと江戸時代に言われるように。そのため母子草の代わりによもぎが入れられるようになり、現在の形となりました。

kusamochi2

草餅のカロリーは

気になる草餅のカロリーですが、次のようになります。

■あんこ入り(草大福)の場合
100gあたりの草大福のカロリーは、229kcalとなります。

商品によって多少違いますが、1個あたりの重量は80g前後

そのため草大福1個(80g)で考えた場合は、約180kcalとなります

■あんこなし(草餅)の場合
あんこの入っていない草餅だけのデータがなかったため、白いお餅のデータを紹介します。

100gあたりの餅のカロリーは、235kcal

よもぎのカロリーは微量のため、ほぼ餅と同程度のカロリーと考えましょう。

「お餅」と「あんこ入りの草餅」のカロリーは、それほど差がありません

これは粒あんのカロリーが100gあたり244kcalと、お餅と同程度のカロリーだからです。

あんはすでに甘く味がついているため、砂糖醤油などで味付けする餅より若干ローカロリーとも言えますね。

洋菓子との比較は

草餅はおやつ代わりに食べることが多いので、おやつとしてよく食べる洋菓子と比較してみましょう。100gあたりと、1個あたりのカロリーでそれぞれ比較しています。

食品 カロリー
100gあたり 1個あたり
草餅(あんこ入り) 229kcal (約180kcal)
ショートケーキ 308kcal (約366kcal)
チーズケーキ 358kcal (約315kcal)
クッキー 427kcal (約48kcal)
アイスクリーム 180kcal (約315kcal)

一つあたりの重量は違うため、単純な比較は出来ない部分もあります。

しかし草餅なら1つで満足できて、カロリーも洋菓子より抑えられますね

スポンサーリンク

草餅の美味しい食べ方

簡単手作り草大福

本来はもち米を使いますが、冷めても柔らかい上新粉を使った草大福の作り方を紹介します。

■材料
よもぎの葉 100g
重曹    5g
上新粉   150g
熱湯    100~150cc
あんこ   100g程度

大きめの鍋
すり鉢
すりこぎ

■作り方
1.汚れを落とす
よもぎは葉だけにしてから、しっかり洗って汚れを落とします

2.冷水にさらす
鍋にお湯を沸かして重曹を溶かし、よもぎを2分ほど入れて茹でてから冷水に晒します

3.細かくする
しっかり水気を絞ってから、包丁などで細かくします

4.上新粉に熱湯を入れながら練る
上新粉に熱湯を少しずつ入れながら、耳たぶぐらいの硬さになるまで練ります

5.鍋に入れて茹でる
ピンポン玉大に丸めてから、熱湯を沸かした鍋に入れて3分程度茹でます

6.すりこぎで潰しながら混ぜる
「5」と刻んだよもぎをすり鉢に入れ、すりこぎで潰しながら混ぜます

7.あんこを入れて完成
食べやすい大きさに分け、中にあんこを入れて丸めたら完成。

本来は練った上新粉を、蒸し器で蒸してからよもぎを混ぜます。

しかしこの方法ですと短時間で簡単に作れるので、ぜひ試してくださいね。

□よもぎの草餅

*もち米で作る場合は、餅つきの時に混ぜましょう。

オーブントースターで

草餅はそのまま食べても美味しいですが、香ばしく焼くとよもぎの香りが立ってより美味しくなります。

手軽にいただくなら、オーブントースターで3分~5分ほどの加熱がオススメ。

表面に軽く焦げ目がついたら食べごろなので、やけどに注意して熱々を頂きましょう。

バターを塗ってフライパンで

少しカロリーが高くなりますが、バターを溶かしたフライパンで焼くと更に風味がアップ。バターの油分と塩分が、草餅のおいしさとあんこの甘さを引き立てます。

西洋の調味料のバターと和菓子のあんこは相性がよいので、自分へのご褒美にいかがですか?

おいしいけれどほどほどに

はよもぎの風味が楽しめる上に、あんが甘く美味しいのでおやつに食べるとお腹も満足します。

そのまま食べても美味しいですが、焼いて食べると更に美味しくなってつい食べ過ぎてしまうことも。

おやつとして考えた場合、1つだけならケーキやアイスに比べるとローカロリー

しかし何個も食べてしまうと、せっかくのローカロリーも台無しです。

草餅は一度に沢山食べるのではなく、美味しく感じられる量をほどほど食べるようにしたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

edamameyudekata2

枝豆(EDAMAME)の美味しいゆで方!美味しさの秘密は何?

居酒屋の「お通し」で出されたり、定番メニューとしてもおなじみの枝豆。 冷凍の枝豆も販売されてい

記事を読む

avocado2

森のバター!アボカドの栄養とカロリーは?効果的な食べ方も紹介!

ここ数年で定着し、女性を中心に大変人気のある野菜の一つが、「アボカド」。 とろっとした

記事を読む

unajyudon1

うな重とうな丼の違いは何?ひつまぶしの由来や食べ方もご紹介!

夏バテに効果のあると言われるうなぎは、蒲焼にしてからご飯に乗せて食べるのが一般的。 お

記事を読む

yogurout2

ヨーグルト菌の種類には何がある?効果を知って食べ分けよう!

美容と健康のために、毎朝ヨーグルトを食べるという人も多いですよね。 そうで無くても、

記事を読む

komugikochigai3

薄力粉と強力粉の違いと使い分けは?代用はできるの?

小麦粉っていろんな種類がありますよね。 薄力粉、強力粉、中力粉、全粒粉・・など 種類が沢

記事を読む

soumendiet1

そうめんのカロリーは高いって本当?ダイエットにはどうなの?

暑さで食欲が落ちる夏に、食べる機会が増えるそうめん。 そうめんを食べると体が気持よく冷えるので

記事を読む

ginnan3

こうすれば大丈夫!銀杏の下処理の方法と美味しい食べ方!

秋の味覚の名脇役に、小粒で美味しい銀杏(ぎんなん)があります。 串焼きにしておつまみにしたり、

記事を読む

glutinouswheat1

もち麦の気になる栄養と健康効果とは?効果的な炊き方は?

毎日の食卓にご飯は欠かせませんが、お米のご飯だけを食べ過ぎると栄養の偏りが気になります。

記事を読む

banana4

バナナの黒い部分は食べても大丈夫?長持ちする保存方法は?

甘くて美味しいバナナは、いつも常備して毎日食べているという方も多いのではないでしょうか。 子供

記事を読む

lemon3

レモンに秘められた美容とダイエット効果とは?レシピもご紹介!

レモンと言えば酸っぱくて香りが良く、どこか青春の味というイメージがありますよね。 実はレモ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

womansday003
国際女性デーとは何の日?ミモザの日とは?日本でもイベントはある?

女性へ日頃の感謝の気持ちを伝える日と言えば、 「母の日」や「ホワイト

radish001
大根の気になるカロリーや糖質は?ダイエットに適した食べ方ならコレ!

ダイエットの方法の一つに、「糖質制限」がありますよね。 ご存知の

applekind001
使い方や味で選びたい!人気のりんご5種類。美味しさの特徴とは?

https://youtu.be/RrzyuNAqkO0 秋から

roastedgreentea002
ほうじ茶の効能と健康に良い効果とは?飲むなら朝と夜のどっち?

和食を食べた後には、やはり日本茶が飲みたくなります。ほのかな苦味と甘味

cocoahie002
ココアの冷え性改善効果は抜群!ダイエットにも良い飲み方とは?

寒い冬になると飲みたくなるのが、甘い香りと味がほっとするココア

→もっと見る

PAGE TOP ↑