烏龍茶(ウーロン茶)のダイエット効果は?黒烏龍茶との違いは何?

最終更新日: | 飲食 | , , , ,

ンビニで購入できるペットボトルのお茶は、昔と比べて随分と種類が増えました。

その中でも定番のお茶の一つに、ほろ苦くて美味しい烏龍茶(ウーロン茶)があります。

烏龍茶は脂っこい食事の時に良く飲まれますが、実はダイエットに向きのお茶だと知ってましたか?

最近では黒烏龍茶というものもありますが、こちらはどのような効果があるのでしょうか。

烏龍茶をダイエットに取り入れた場合の効果やおすすめの飲み方、そして黒烏龍茶との違いについてまとめました。

スポンサーリンク

烏龍茶のダイエット効果とは

烏龍茶とは

龍茶とは、お茶の葉を摘み取った後、少し発酵させてから乾燥させた茶葉のこと。

oolongtea1

実は緑茶も紅茶も烏龍茶も同じお茶の木の葉が使われています

それぞれの違いは、
・摘み取った後の加工方法(発酵の度合い)
にあります。

「烏龍茶」は少し発酵させてから乾燥させたものですが、
「緑茶」は発酵させずに乾燥したもの
「紅茶」は完全に発酵させてから乾燥させたもの

となります。

□ふじさこ農園:二次発酵前に手揉みする

*烏龍茶の作業工程です。この時点では緑の茶葉が、発酵と乾燥を経て黒くなります。

烏龍茶のダイエット効果について

烏龍茶には「ウーロン茶重合ポリフェノール」という、ポリフェノールが含まれています。

これは他のお茶や食品には無い成分で、脂肪の吸収を抑えて分解を促す効果が。そのため肥満気味の方や、健康的にダイエットしたい方に最適なお茶となっています。

またウーロン茶重合ポリフェノールには、老化の原因となる活性酸素を阻止する効果が。このため美肌効果や体全体を、いつまでも若々しく保つ効果も期待出来ます。

その他では「サポニン」という成分にも、炭水化物が脂肪に変わるのを防ぐ性質が。

特にご飯を食べ過ぎた時などに、烏龍茶は効果的に働いてくれるのです。

スポンサーリンク

烏龍茶の効果的な飲み方

食事と一緒に飲む

烏龍茶がその効果を発揮するのは、胃の中に食べ物があるときです。

そのため食事の時の飲み物として、ご飯などと一緒に頂くのが効果的

特に脂っこい料理や肉料理の時は、飲むだけで胃の中がすっきりします。中華料理との相性が抜群なのは、中脂肪を分解する効果があるからなんですよ。

もしも食事の味が変わるのが気になる場合は、食後30分以内に烏龍茶を頂いてもOK。食事の時と同様の効果が得られ、お口の中もさっぱりします。

oolongtea2

1日1リットルを目安に

また体脂肪を分解するには、1日に1リットル程度を数回に分けて飲むのも効果的です。

食事の時に飲む以外にも、水やジュースの代わりに飲みましょう。

出来ればホットで

脂肪を分解するには、体が温まった状態にすると効果的。

そのため冷たい烏龍茶を飲むよりも、ホットで飲む事をおすすめします。

のどが渇いた時は冷たくして、食事の時はホットで飲むなど工夫しましょう。

烏龍茶を飲む際の注意点は?

烏龍茶はお茶ですので、カフェインを含みます。そのためカフェインを控えたい方や、トイレが近い方は飲み過ぎに注意しましょう。

また空腹時に大量に飲むと、胃が荒れたりお腹を下すことが。胃腸が弱い人は食事中や食後に飲むようにすると、これらの胃の症状が起こりにくくなります。

黒烏龍茶とは?烏龍茶との違いは?

oolongtea3

烏龍茶にポリフェノールを…

最近よく見かける「黒烏龍茶」ですが、烏龍茶との違いはどこにあるのでしょうか。

実は「黒烏龍茶」という品種があるのではありません。

烏龍茶からウーロン茶重合ポリフェノールだけを抽出し、これを別の烏龍茶にプラスして濃くしたものが黒烏龍茶です

こうして加工した後の茶葉から入れたお茶が、黒烏龍茶として販売されているのです。

特に脂肪に効果があり!

黒烏龍茶はその性質上、ウーロン茶重合ポリフェノールを烏龍茶よりも多く含みます。そのため脂肪の吸収を阻止する効果と、脂肪を分解する効果が強いのでダイエット時に最適

食事の時に飲む烏龍茶を黒烏龍茶に変更すると、脂っこい食事の時の味方となってくれます。

利尿作用も…

黒烏龍茶もまたお茶ですから、カフェインを含んでいます。しかもポリフェノールを追加している関係で、烏龍茶よりもカフェインが多め。

利尿作用が強くでるのでむくみに効果がありますが、カフェインを控えいたい方は注意が必要です

また脂肪へ働きかける効果が強いため、烏龍茶以上に胃腸が荒れる事が。烏龍茶以上に空腹時に飲むことは控え、食事の時のお茶として飲むのが最適です

食事のお供に

龍茶は脂っこい食事の時に飲むと、口の中もお腹もさっぱりすることが出来るお茶。毎日飲み続けることで脂肪がつきにくくなり、体の脂肪も自然と減らすことが可能となります。

ただし烏龍茶だけたっぷり飲み続けると、胃腸に負担がかかってしまうことも。また運動することもバランスの良い食事を心がけることも、ダイエットでは大切です。

食事のお供に飲むお茶として、烏龍茶を毎日の生活に取り入れましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

チーズの賞味期限と最適な保存方法は?チーズの種類による違いも紹介!

ワインによく合うのがチーズですね。そのチーズををまとめて購入しそのまま放置してしまったことは

記事を読む

いちじくの旬はいつ?その優れた栄養・効能とおすすめレシピを紹介します!

最近ではハウス栽培のおかげで、一年中美味しい果物が食べられるようになりました。しかし傷みやす

記事を読む

美味しい桃の簡単な皮むき方法!桃のおすすめレシピも紹介!

初夏になると出まわるのが、甘くて香り豊かな桃。 果汁がたっぷりで、そのままかぶりついて

記事を読む

苦い渋柿を甘くする方法とは?柿に含まれる栄養効果もご紹介!

甘くて美味しい柿を食べていると、秋が来たなぁと体で感じられます。 でも美味しい柿の中に

記事を読む

アボカドの上手な切り方と保存方法は?アボガドと読んでもいい?

アボカドはとろっとした味わいも美味しく、美容に良いことからメニューに取り入れたい食べ物の一つ

記事を読む

冷凍して美味しく食べよう!冷凍卵の作り方と活用レシピ!

生卵・ゆで卵・溶き卵に、目玉焼きに卵焼き…。 卵は昔も今も人気の食材の一つですね。 その

記事を読む

花粉症対策にはヨーグルト!何の菌が効果あるの?食べる量は?

冬から春へと向かう季節はウキウキする一方で、花粉症の季節の到来でもあります。 スギ花粉

記事を読む

盛岡冷麺と韓国冷麺それぞれのカロリーは?おすすめレシピも紹介!

焼肉屋では美味しいお肉の他にも、サイドメニューに冷麺も楽しめますね。 特に冷麺は麺の弾力と喉ご

記事を読む

えんどう豆とグリーンピースの違いは何?他にどんな豆がある?

人によって好き嫌いの分かれるメニューの一つに、「グリーンピースご飯」があります。給食で出てげんなりし

記事を読む

カリウムの多い食品と驚くべき健康効果!不足したらどうなる?

デスクワークの多い人にとって気になるのが、足のむくみ。退勤時間になると足がパンパンで、朝履いてきた靴

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

茨城の土浦花火大会2017年の日程や時間。花火職人の技が見どころ!

夏と言えば花火大会ですが、大会によってその内容は様々。

彼岸花がきれいな巾着田曼珠沙華まつり、2017年の日程や見頃は?

秋に咲く花といえば、ピンクが愛らしいコスモスや香り高いキンモクセイの名

願いごと日本一!安城七夕まつり2017年の日程と見どころ!駐車場は?

七夕といえば笹と飾り物が書かせませんが、願いごとの短冊もまた欠かせない

柊(ひいらぎ)の花言葉や花の特徴。セイヨウヒイラギとの違いは?

クリスマスシーズンになると、ギザギザの葉っぱと赤い小さな実の組

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑