風邪なのに食べたい!冷たいアイスクリームを食べても大丈夫?

最終更新日: | 健康 | ,

coldice1

を引いて熱っぽい時は、普段とは違ったものを食べたくなりませんか。

食欲が落ちているけれど、これだったら食べられるかも?とお願いしたくなりますよね。

そういった食べ物の中に、ひんやりと冷たくて美味しいアイスクリームがあります。

しかしアイスクリームを食べると、体が冷えて風邪が悪化するのではと気になりませんか?

そこで、風邪の時に、アイスクリームを食べても大丈夫かどうか、また食べる時の注意点についてもまとめてみました!

スポンサーリンク

風邪の時のアイスクリームは食べて良いのか?

喉風邪にオススメ

邪の時のアイスクリームですが、一般的に喉風邪の場合は食べても大丈夫です。

喉風邪は喉が炎症を起こし、熱っぽさや痛みが出ている場合がほとんど。そのため多少食欲があっても、喉の痛みで食事が取りづらくなってしまいます。

そんな時に熱ですぐ溶けるアイスクリームは、喉に負担をかけずに食べられる利点が。冷たい食感も、炎症を起こしている喉にとって心地よく感じられます。

なお、喉風邪の時は、バニラアイスよりも果汁入りのアイスがおすすめ。溶けた時にあまりべたつかないので、食べた後の喉への負担が軽くなります

coldice2

栄養満点

喉風邪以外の風邪の時は、「アイスクリーム」がオススメです。アイスクリームにはいくつかの種類があり、乳脂肪分の含有量で区分が変わります。

この中で乳脂肪分を多く含むアイスクリームは、風邪の時に必要な栄養が摂取できます。

・原材料の牛乳
・卵に含まれるタンパク質
・砂糖に含まれる糖分

は体のエネルギー源に。

・卵に含まれるビタミンB1

はタンパク質の代謝に欠かせません。

風邪の時は食欲が落ち、これが回復が遅れる要因に。そんな時にアイスクリームを食べると、すぐに栄養となって体力回復の手助けとなります。

お薬を飲むときに

特に小さいお子様にとって、風邪の薬は苦くて飲みにくいもの。また味は大丈夫でも、薬の形状によっては飲み込みにくい事もあります。

そんな時にアイスと薬を一緒に食べると、なめらかな舌触りで飲み込みやすくなります。

また強い甘味は薬の味をごまかしやすいので、アイスなら子供も喜んで食べてくれるはず。特に甘さの中にもほろ苦さがある、チョコレートアイスがおすすめです。

注意点としては、薬によっては食べ物と一緒に摂取してはいけない場合がありますので、必ずお医者さんに確認して、大丈夫な場合のみアイスと薬を一緒に食べましょう。

香りが免疫力アップに

アイスの王様「バニラアイス」には、免疫力アップの効果があるのをご存知ですか?

バニラの香りの素には、「リナロール」という成分が含まれています。これが免疫力アップにつながるため、風邪予防や風邪を引いた時に味方となるんですよ。

またバニラの香りは癒し効果もあるので、風邪の嫌な気分をほぐす効果も期待できるんですよ。

スポンサーリンク

風邪の時に食べるアイスクリームの注意点

熱のある時は注意

風邪の時のアイスクリームですが、食べるタイミングには注意が必要です

風邪で高熱が出て寒気がする時は、体内でウイルス退治している最中。この時は温かいものを食べて、体を温かく保つ事が大切です。そんな時の冷たいアイスはヒンヤリ感があって気持よく食べられますが、体温が奪われると風邪の回復が遅れてしまう事があります。

なので、アイスを食べてもいいのは、熱が上がりきってこれから下がるというタイミングにしましょう。

coldice3

お腹に注意

熱はそれほど高くないけれど、腹痛やひどい下痢の症状が出ている時も要注意です。

確かに下痢の症状が起こると、素早い栄養補給と沢山の水分を必要とします。

しかしそれ以上に、胃腸を冷やさず刺激を与えないことが大切。アイスクリームは栄養豊富ですが、冷たいので胃腸には刺激的。また乳脂肪分は消化が遅いため、胃腸への負担が増えてしまいます。

そのため風邪の影響がお腹に出ている時は、食べないほうが無難です

吐き気のある時はNG

風邪の症状の一つに、吐き気があります。

吐き気がひどい時は、水を飲むだけでも吐いてしまうことも。

そんな時にアイスを食べても、上手く吸収できずに吐き気が強くなる場合が。特に乳脂肪分は消化しづらいため、弱った胃にとって逆効果になってしまいます。

吐き気のある時は胃を休めることを優先し、アイスは控えましょう。そして、白湯やおかゆを少量づつ食べるようにするといいですね。

状況に応じて

参考記事:風邪の時にコーヒーを飲んでも大丈夫?風邪薬との飲み合わせは?

邪で食欲があまり無い時でも、アイスクリームなら美味しく食べられます。

少量でも栄養豊富で、風邪の時に欲しいエネルギー源が手早く摂取可能。ただし美味しいからと食べ過ぎると、体を冷やしてしまって風邪を悪化させてしまう可能性もあります。

またアイスだけでは栄養が偏るので、少量でもいいので普通の食事を取ることも大切です。

風邪の症状・状況に応じて、アイスクリームを美味しく食べて風邪からの回復に役立てましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

家族がインフルエンザに!他の家族にうつる?予防方法は?

冬の怖い病気の代表「インフルエンザ」は、家族がかかると感染する恐れが出てしまいます。

記事を読む

花粉症の症状 咳や頭痛がする原因と対処は?

「くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ」 これが花粉症の典型的な症状です。 でも、花粉症

記事を読む

しゃっくりが止まらない!その原因と効果的な止め方は?

くしゃみやセキなど、人体には「急に出るけれども止められないもの」がいくつかあります。

記事を読む

風邪なのに熱が出ないのは何故?その原因と対処方法

なんとなく体がだるかったり、鼻水や咳が出るといった、風邪の初期症状には困ったものです。 しかし

記事を読む

靴下にあいた穴!その意外な原因とは?穴はどうやって直す?

「靴下に穴があく」と聞いたら、まず 「爪が伸びてるんじゃないの?」って思いますよね。 実

記事を読む

「鼻うがい」って本当に大丈夫?その効果と正しい方法

みなさん、鼻うがいって聞いた事ありますか? 「鼻に水を入れるなんて怖くて痛そう!」と敬遠してし

記事を読む

マスク+メガネ=曇る!その原因と対策方法は?

寒くなる季節、風邪やインフルエンザ予防の為にも マスクが必需品となりますよね。 でもこの

記事を読む

歯の痛みを和らげる方法。歯痛の時に気をつけることとは?

痛みには様々なものがありますが、辛い痛みの一つに歯痛があります。 急にズキズキと痛み出

記事を読む

歯茎が痛い時の応急措置と予防法をご紹介!

前回、歯茎の腫れの主な原因とその治療方法を紹介しました。 歯茎が痛い!腫れの原因と治療法は?

記事を読む

寒暖差アレルギーってどんな症状?予防と対策は?

鼻炎や花粉症でもないのに鼻がムズムズする・・・ そんな人は要注意! それは寒暖差アレルギーかも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べ

バーベキューの差し入れで喜ばれるものと言えば?デザートならコレ!

夏が近づいてくると、楽しみたくなるのがバーベキュー。 み

大曲花火大会(全国花火競技大会)2017年の日程。駐車場はどうする?

夏になると全国の夜空を彩る花火は、花火師のおかげで成り立ってい

関門海峡花火大会2017年の日程と見どころ!穴場の見学スポットは?

本州と九州を隔てる関門海峡は、昔より双方の行き来が盛んな場所。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑