おとそ(お屠蘇)の意味や由来とは?普通のお酒とは違うの?

最終更新日: | 年末・年始・正月 | , ,

正月は朝からお酒を飲んでもいいから嬉しい!
・・なんて思う飲兵衛さんはいませんか?

神社に行けば振るまい酒、家でもおせちと、一緒にお酒が飲めて幸せと思う人もいるのでは。

そんなお正月のお酒を「おとそ(お屠蘇)」と呼ぶ人もいますが、お屠蘇は普通のお酒とは違うもの。

本来のお屠蘇は、健康を願う縁起物だと知ってましたでしょうか?

知ってるようで意外と知らないお屠蘇について、
・お屠蘇とは?
・いつ飲むもの?
・お屠蘇の意味や由来
・お屠蘇の中身は?

といったことについてご紹介します!

スポンサーリンク

お屠蘇とは?いつ飲むものなの?

健康と長寿を願って

お屠蘇(おとそ)とはお正月に飲むお酒の一種で、邪気払いの効果があると言われています。

また長寿を願う縁起物であり、平安時代から続く風習でもあります。

otosomeen1

お屠蘇は普通のお酒ではありません。「屠蘇散」と呼ばれる生薬を浸したみりんと日本酒を混ぜたもの

そのため味は日本酒と比べると、独特の香りや甘味があるため好みが分かれます。

お屠蘇を飲むときには、屠蘇器(そとき)と呼ばれる朱塗りの酒器が用いられます。

屠蘇器とは、
・銚子(急須の形をしたもの)
・三段重ねの杯と杯台
・これらを乗せるお盆
セットとなったもの。

最近では省略されて、小さなぐい呑みやお猪口でお屠蘇を頂く場合もありますね。

元旦と三が日に

お屠蘇は、元日の朝(元旦)に飲む習わし。

一家揃った状態で、年少者から年齢順にいただきます

ただしお屠蘇はお酒ですので、未成年者は口にせず飲む真似だけにしておきましょう

また三が日の間にお年始回りで訪れたお客様には、まずお屠蘇を一杯進めるのが礼儀。

こちらも、車を運転する方へはかたちだけ振るまい、やはり飲まないよう注意しましょう。

お屠蘇の意味や由来は?

otosomeen2

悪鬼退散

お屠蘇の「屠蘇」には、いくつかの意味と由来があります。

まず、
・「蘇」という悪鬼を屠る(退治する)効果のある、ありがたいお酒であるという説。

また、
・悪鬼を退治するのは同じですが、これによって魂を再生させて死者を蘇らせるという説。

いずれも悪鬼を打ち払うことで、一年の健康と家内安全に繋がるというものです。

中国伝来

お屠蘇の意味や伝説は、古代中国で生まれたもの

三國志に登場する名医「華佗」が考案し、広めたという説もあります。

そして、日本に伝わったのは平安時代で、嵯峨天皇の時代には宮中の正月の行事に。当初は貴族階級のみの風習でしたが、江戸時代には現在の形で一般にも定着しました。

ただ、現代の中国にはお屠蘇の風習はなく、ほぼ日本だけの風習となっているんですよ。

スポンサーリンク

お屠蘇の中身は?

日本酒とみりん

お屠蘇の主な材料ですが、まず日本酒みりんが必要です。

日本酒は普段飲んでいるものを用いますが、地域によっては「赤酒」を使うことが。

別名「灰持酒(あくもちしゅ)」とも呼ばれる赤酒は、米麹を発酵させたあとに灰を混ぜたお酒のこと。特に熊本県で作られたものが赤酒と呼ばれていますが、県外にはあまり流通していないもの。

震災復興の願いも込めて、熊本に立ち寄った時に入手してお屠蘇に使いたいですね。

□東肥大正蔵!熊本の酒 瑞鷹 蔵元販売所

*熊本の酒蔵を紹介する動画ですが、3分8秒から赤酒の製造工程の看板と赤酒の瓶が映ります。

そして、もうひとつ欠かせないみりんですが、料理で使うおなじみの調味料。お屠蘇用に特別なものを用意する必要はないので、いつものみりんを活用しましょう。

生薬たっぷり!

日本酒以上に重要なのが、屠蘇散

これは5~10種類に生薬をブレンドしたもので、年末になると薬局などで入手が可能です。

屠蘇散の生薬はブレンド方法によって違いますが、主に次の生薬が用いられます。

■山椒
ウナギの蒲焼にふりかける、ぴりりと辛い香辛料。

抗菌作用が強く、胃を元気にする効能があります。

■防風
セリ科の植物である、「ボウフウ」の根を乾燥させたもの。

体を温めて発汗させ、解熱効果と抗炎症効果が期待できます。

■肉桂(にっけい)と経皮(けいひ)
いわゆるシナモンです。お屠蘇の独特の甘い香りは肉桂によるもの。

発汗・解熱作用と気持ちを落ち着かせる効果、そして胃を元気にする効果があります。

■桔梗
秋の花でお馴染みの、桔梗の根を干したもの。

喉回りの嫌な感じを落ち着かせ、タンやセキを取り除く効果があります。

■大黄(だいおう)
タデ科の植物の一種で、漢方薬の世界では「将軍」とも呼ばれる薬効豊かな生薬。

便秘に強い効果を発揮する他、便秘に伴う血行不良を改善する効果もあります。

一年を元気に

otosomeen3

お屠蘇には邪気を払い、一年を元気に過ごす効果が込められています。実際にお屠蘇に使われる生薬には、風邪や胃腸に対して効果が。

とはいえ、お屠蘇は少量を飲むものなので、実際のところは強い効能はあまり期待はできません。

しかし「病は気から」という言葉もあるように、お屠蘇を飲んだという事が元気になる第一歩かも

お酒なので飲めない方もいますが、一口飲んで一年を元気に過ごせるよう願いませんか?

スポンサーリンク

関連記事

伏見稲荷大社の初詣 2017年の混雑予想!狙い目の時間・見所は?

小さい頃、好きなお寿司と聞かれて、「おいなりさん!」と答えてしまい、そうだけどね…と親を慌て

記事を読む

川崎大師の初詣2017年の混雑予想!おすすめの拝観時間は?

年も押し迫ってくると、何となく「ついてない」一年だったなと感じることもあるかもしれませんね。

記事を読む

おせち料理の意味や由来!おせちはいつ食べるもの?

□おうちで簡単おせち料理 盛り付け手順の紹介 http://youtu.be/IiseDpci6n

記事を読む

2017年の縁結びに!氷川神社の初詣、狙い目の参拝時間と混雑予想!

お正月の恒例行事の一つに、初詣があります。 普段それほど信仰心が無くても、初詣だけは欠

記事を読む

七草粥の由来とは?七草の種類、それぞれの意味を覚えよう!

お正月が終わると、七草粥を食べますよね。 最近は、スーパーで「七草セット」が売られてい

記事を読む

無料で使える!2017年酉年の年賀状素材とテンプレート7選!

秋も深まってくると、そろそろ年末年始のことが気になり出しますね。 クリスマスの準備・お

記事を読む

明治神宮の初詣 2017年の混雑は?参拝に良い時間帯とルート

明治神宮と言えば、明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社ですが、最近ヒーリングスポットとしても見直

記事を読む

願い事を叶える絵馬の正しい書き方!馬が描かれている由来は?

https://youtu.be/zV8hqUSOzZg 初詣などで神社にお参りにいくと、境内

記事を読む

鏡餅っていつまで飾るの?鏡餅の意味・由来と正しい飾り方

お正月には、鏡餅を飾りますよね。 昔は、お正月には、お餅屋さんにお餅を頼んでいて、鏡餅も、

記事を読む

余った年賀状は交換できるの?未使用の年賀はがき活用法!

最近は宛名も印刷することが多い年賀状。それでも書き間違いなど出てしまいますよね。それに少し多

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プレミアムフライデーとは?どんなメリットがあるの?実施はいつから?

最近のニュースでよく耳にするのが、「プレミアムフライデー」とい

アイスクリームの日の由来とは?どんなイベントがあるの?

夏が近づくと、冷たくて甘いアイスクリームが食べたくなりますよね

芒種(ぼうしゅ)の意味とは?2017年はいつ?

カレンダーを見ていると日付の横に、様々な言葉が書き記されていることがあ

小満(しょうまん)はどんな意味があるの?2017年はいつ?

毎日見るカレンダーには普段あまり見慣れない、暦の用語が幾つも書

夏を先取り!立夏にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

ニュースなどで時々「暦の上では今日から夏ですが・・・」という言

→もっと見る

PAGE TOP ↑