使い捨てカイロの正しい捨て方とは?有効に再利用する方法も紹介!

最終更新日: | 役立つ雑学 | , ,

cairo1

い季節の必需品の一つに、使い捨てカイロがあります。

10時間程度暖かさが持続する使い捨てカイロは、一日1個のペースで使うことになるのではないでしょうか。

しかし、使い終えたカイロを捨てる時、分類方法で悩んだ事はありませんか?

また使い終えたあとに再利用できれば、ゴミも減らせて一石二鳥ですよね。

そこで、使い捨てカイロの正しい捨て方と、有効に再利用する方法についてご紹介します!

スポンサーリンク

使い捨てカイロの正しい捨て方

カイロの中身を知ろう

ずは、使い捨てカイロの成分を覚えておきましょう。

□鉄粉
鉄粉は鉄を細かく砕いたもの。空気中の水分や酸素に触れると酸化して熱を持ちます。

通常の鉄は酸化がゆっくり進むため熱くなりませんが、粉にすることで一気に酸化して熱々に。これがカイロが暖かくなる原理で、鉄粉がないとカイロは成り立ちません。

□水
水は鉄粉の錆(さび)を促進する効果があります。カイロがすぐ発熱するのは水のおかげと言えますね。

□塩類
塩類は鉄粉の錆(さび)を促進する効果が。こちらもカイロには欠かせません。

□活性炭
活性炭は、表面に沢山の穴があり、空気を沢山取り込める作用が。鉄粉と混ぜることで、鉄粉の酸化を促進させる効果があります。

□バーミキュライト
バーミキュライトは小さい穴が沢山開いた鉱物の一種。高い保水力があります。

カイロに水が含まれているのに湿ってないのは、この成分のおかげなんですね。

cairo2

捨てる時はどうする?

使い捨てカイロを捨てる時には、次の点に注意しましょう。

◎完全に冷めてから捨てる
発熱状態で捨ててしまうと、他のゴミから発生したガスと反応して発火する危険が。また水分の多い生ゴミと一緒にすると、カイロの反応が促進されて熱くなる可能性もあります。

なので鉄粉の酸化が完全に終わり、冷たくなるまで待ってから捨てましょう

また未使用品もそのまま捨てるのではなく、開封して発熱させてから捨てましょう

◎捨てる時は自治体にあわせて
使い捨てカイロですが、自治体によって分類方法がわかれます。

例えば東京都23区でも、以下のように分類が異なります。

・不燃または燃やさないゴミ 渋谷区・世田谷区など18区
・不燃ゴミ(金属類)    港区
・金属・ガラス・陶器ゴミ  新宿区・品川区など4区

また神奈川県に関しては、横浜市・川崎市などほとんどの市で燃えるゴミ(一般ゴミ)扱い。

一方で埼玉県の場合、さいたま市は燃えるゴミですが川口市は不燃ゴミとなっています。

この様に地域によって分類が違うので、必ず確認してから捨てましょう。

スポンサーリンク

使い捨てカイロを再利用するには

もう一度暖かく、はできない

使用後の使い捨てカイロは、いくつかの方法で再利用が可能です

しかし、「カイロとして」再利用するのは、残念ながらできません

先ほども説明したように、カイロは中の鉄粉が錆びて発熱します。そのため完全に錆びてしまうともう発熱できず、カイロとしての再利用は不可能。

「使い捨て」の名前通り、新しいカイロの封を切って暖まりましょう。

ブーツの中に

使い捨てカイロの再利用方法ですが、冬に大活躍するブーツの臭い取りに使えます。
カイロの主成分の一つに活性炭があるのですが、実は脱臭剤にも使われている成分。活性炭の細かな穴が、嫌なニオイを吸い取る効果があります。

また完全に錆びた鉄粉は酸化鉄となりますが、こちらにも脱臭効果が。脱いだブーツにそのまま入れて、翌朝取り出して捨てれば嫌な臭いも気になりません。

cairo3

靴箱やクローゼットの中に

カイロの成分には脱臭効果の他に、わずかですが除湿効果も期待できます。

鉄粉は空気中の水分と反応する際に、水分を奪い取る効果が。また活性炭やバーミキュライトも、細かな穴で水分を吸い取る作用が。

そのため臭いがこもりがちで湿気も気になる、靴箱クローゼットに置くと効果的です。

ひと手間加えてからガーデニングに

カイロの成分の一つ、バーミキュライトは土壌改良用の肥料としても使われています。また土に鉄分が含まれると、野菜の栄養が増す効果も。

そのため使い終えたカイロの中身を、ガーデニング用の土に混ぜると草花が元気になります

一方でカイロの塩分は、土にとって有害な「塩害」を引き起こす原因にも。少量なら気にすることはありませんが、気になるなら次の方法で塩分を取り除きましょう

1.使い捨てカイロの中身と水を混ぜ、しばらく置く
2.コーヒーフィルターなどの「ろ紙」を使い、1を水とカイロの中身に分ける

一度水と混ぜることで塩分が水分に溶け出し、ろ紙でこす事でカイロの中身が取り出せます。

再利用と正しい捨て方を

使い捨てカイロは使い終えたあとも、脱臭剤などに再利用が可能。そのまま捨てるのはもったいないので、再利用してから捨てたいですね。

捨てる時は自治体によって扱いが違うので、必ず確認してから捨てることも大切。また完全に冷えてから捨てるようにすれば、万が一の事態も防ぐことができて安心です。

使い捨てカイロは便利だからこそ、使い終えたあとは正しい方法で捨てましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

シールやラベルを上手にはがす方法!コツやポイントは?

子どもたちが、あちこちに貼ったシール。 はがしそびれた値札… シールって、長い間そのまま

記事を読む

2016年の干支は丙申(ひのえさる)。申の由来や特徴は?

年賀状を描く季節となると意識するのが、来年の干支のこと。年賀状の絵柄に干支を取り入れますし、

記事を読む

官製はがきと郵便はがきの違いとは?私製はがきはどう違うの?

趣味と実益を兼ねて、懸賞に応募するという話をよく聞きます。 メールでの応募も増えている

記事を読む

干支(十二支)の順番と読み方は?簡単な覚え方もご紹介!

日本人の年齢確認の中には、「何年(なにどし)生まれ?」と聞かれることがたまにありますね。こう

記事を読む

にわか雨ってどんな雨?にわかの意味や驟雨との違いとは?

天気予報の精度が上がったと言われますが、それでもたまには予報が外れることがありますよね。晴れ

記事を読む

台風の目とはどういう意味?どうして出来るの?中はどうなってる?

よく話題の中心となっている人のことを、「台風の目」と言う事があります。 一方で台風が接

記事を読む

「雪」の名前と種類を紹介!雪の結晶ができる秘密とは?

冬になると降り積もる雪は、とてもロマンティックですよね。 神秘的な結晶の集まりである雪は、存在

記事を読む

靴のイヤ~な臭いの原因は?臭いの消し方には何があるの?

靴の臭いって、気になりますよね。 外出先で、靴を脱ぐ機会がある場合など、 特に気になるの

記事を読む

2015年は未年(ひつじ)!干支・十二支の由来・意味は?

年末が近づくと、年賀状のこともあって、 次の年の干支が気になりますよね。 干支をモチーフ

記事を読む

「お疲れ様です」と「お疲れ様でした」の違いって何?どう使い分ける?

挨拶は、人間関係の基本。 職場でも気持ちのいい挨拶を心掛けたいですよね。 「お疲れ様です」と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見

ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いとは?雪とはどう違うの?

フワフワと降る雪はロマンチックですが、実際には雪ではなく「みぞれ」が降

横田基地友好祭、2017年の日程と見どころ!食べ物も気になる!

普段の生活において米軍基地は、あまり身近な存在とは言えません。

関西で戌の日の安産祈願に行くならこちら!有名な神社・お寺5選!

生まれてくる我が子のために、出来る事はなんでもしたいのは昔も今

人気の高い「梨」の種類とは?旬の時期や美味しい梨の選び方も紹介!

秋になると美味しくなる果物の一つに、梨があります。シャリシャリ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑