女性と男性の厄年の年齢はいつ?厄払いはいつ行えばいいの?

最終更新日: | 日本の習慣・行事 | , , , , ,

ツイてないことが立て続けに起こったりすると、「厄年では?」と聞かれたことがありませんか?

また「そろそろ厄年だから、厄払いに行ったほうがいいよ!」と言われることもあるかもしれません。

占いなどにあまり興味がなくても、年配者などから聞いたことがある「厄年」という言葉。つい聞き流してしまいがちですが、どのような時が厄年となるのか、また厄払いについても気になりますね。

そこで、男女別に厄年の年齢はいつなのか?また厄払いはどうすれば良いのか?といったことについてまとめました!

スポンサーリンク

厄年とは

悪い変化が訪れやすい年代

厄年とは長い人生の中で、災厄や不調が起こりやすいとされている時期のことを言います。

その起原は「陰陽道(おんみょうどう)」にあるとされますが、実際のところは不明。平安時代にはすでに定着しており、当時の様々な風習が合わさった結果と推測されています。

yakudoshi1

前厄・本厄・後厄、そして大厄

厄年は「本厄」と呼ばれる年と、その前後1年間に当たる「前厄」「後厄」合計3年間

特に本厄に当たる年は、様々な点で注意が必要とされています。

また厄年は人生で三度訪れるとされ、特に注意しなければならないのが「大厄」というもの。

一般的に厄年と言われた場合は、大厄の時の本厄のことを指します。

厄年は何歳?

数え年に注意

厄年の数え方は、通常使っている「満年齢」ではなく「数え年」が用いられます。

数え年は生まれた時点で1歳となり、誕生日に関係なく元日で1つ年を取るという考え方。そのため満年齢とは最大で2歳ズレが生じるので、注意が必要です。

またお払いを行う神社によっては、次のように、数え年の考え方が違う場合もあります。

・生まれた日から大晦日までは満年齢+1、それ以外の時期は満年齢+2とする

・元日ではなく立春(2月4日頃)に、年齢を加算する

また現在の事情に合わせ、誕生日以降の満年齢で受け付ける神社も。

地元の寺院で厄払いを受ける場合は、そうした年齢の数え方についても確認を行うようにしましょう。

yakudoshi3

男女で違う厄年

厄年は男女で年代の違いがあり、大厄も男女で違う年となっています。これは男女でもっとも忙しい時期に違いがあり、注意すべき年代が違うから。

男性の場合は大事な仕事を任されたり、部下ができて責任が増す42歳

女性は育児が忙しくなる33歳が、本厄とされています。

その他の厄年とあわせて、男女の厄年を表にまとめました。

太文字の部分の年齢が大厄となります。ただしこの年齢は数え年。誕生日を迎えた方は満年齢より1歳、まだの方は2歳引いて考えて下さい。

  年齢(数え年)
 前厄   本厄   後厄 
男性 24 25 26
41 42 43
60 61 62
女性 18 19 20
32 33 34
36 37 38

スポンサーリンク

厄年の厄払いはいつまでに行う?

基本的には年始から節分の間に

厄年になると、「厄払い(厄祓い)」を受けたほうが良いと言われます。

厄払いを行うのは神社と一部のお寺。宮司さんが常駐する神社であれば確実です。

まず厄払いの時期ですが、理想は年始から節分の間の大安とされてます。

しかし都合がつかなければ、厄年の間ならいつでも大丈夫。また神社もお休みや特別な日以外は、1年中厄払いが可能

また厄払いを得意とする神社では、お祭りの日に厄払いを大々的に行う事もあります。

どの厄年に行くべき?

厄年は、前厄・本厄・後厄と3年間続きます。この3年間全てに行くのが理想的ですが、本厄の時だけに行っても問題ないでしょう。

3回ある厄年も全て厄払いするほうが、気分としては安心。しかしどうしても行けないのであれば、大厄の時にお払いを受けましょう

また厄年を過ぎてしまった場合でも、厄払いはしてもらえるので安心して下さい。

厄払いの金額の相場は

yakudoshi4

神社に確認

厄払いの金額ですが、料金の設定がなければ5000円~10000円相場。もし迷ったら5000円をお包みすれば、まず問題がありません。

厄払いを得意とする神社の場合、前もって厄払いの料金が決まっていることも。あらかじめ神社に問い合わせて、確認を取るほうがより安心ですね。

お包みするお金について

お金をを渡す際は、次の点に注意しましょう。

・お札は新札を用意する。

・お金を包む封筒は、白地の無地の封筒か蝶結びのご祝儀袋を使用する。

・神社の場合は「御初穂料」と、お寺の場合は「御布施」と袋表中央に記入する。

・御初穂料・御布施と書いた下に、自分の名前を記入する。

人生計画のきっかけに

厄年には科学的根拠はありません。実際、厄年でも何事もなく過ごせることもあるでしょう。

しかし何か気になる事があった時に、厄年だからという理由で精神的に上手く行かないこともありますよね。

信じる信じないはともかく、厄年は人生の節目となる年代。仕事や健康面で改めたい事や、新しく始めたいことなどを考えるきっかけにもしたいですね。

厄年を一つの節目と考えて、厄払いを受けながら今後の人生を考えてみませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

穀雨(こくう)にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

一年の移り変わりがはっきりしている日本には、四季以外にも季節を表す言葉があります。例えば夏至は昼間が

記事を読む

新盆・初盆の読み方や迎える時に行う事。盆提灯はどうする?

身内が亡くなられてから初めて迎えるお盆は、慣れないこともあって準備でまどうことばかり。特に気になるの

記事を読む

お花見で団子を食べる由来。三色団子の色や順番の意味は?

「花より団子」ということわざはご存知ですか? 「風流な景色などよりも、実利あるものの方に気

記事を読む

昼間が一番長い日!2017年の夏至はいつ?ヨーロッパでは?

一年で一番太陽が長く出ている日・・ と言われているのが、 「夏至」 夏至の日には様々

記事を読む

旅館へのチップ(心付け)は必要なの?気になる相場や渡し方をご紹介!

海外旅行で泊まるホテルでは、チップが必要という話をよく聞きます。 しかし日本の旅館では、チップ

記事を読む

お彼岸のお供え物には何がいいの?のしはどうする?

春と秋には、「お彼岸」がありますね。 お彼岸には、昼の長さと夜の長さがほぼ同じくらいになる

記事を読む

浅草寺の初詣、2017年の混雑予想!参拝時間はいつがいい?

浅草と言えば、江戸の「粋」がぎゅっと詰まった下町。国内外で大人気のスポット。 中でも浅

記事を読む

暑中見舞いを出す時期はいつからいつまで?残暑見舞いは?

「暑中見舞い」という言葉は知っているものの、いつから出してよいものか意外と分からないものです

記事を読む

日本の花火の歴史について。花火大会が夏に行われる由来は?

日本の夏と言えば、打ち上げ花火は欠かせません。 夜空に開く大輪の花は美しく、思わず「たーまやー

記事を読む

お中元を贈る時期はいつからいつまで?マナーで気を付けることは?

日頃お世話になっている方へ送るお中元は、夏の欠かせないご挨拶ですね。目上の方へ贈ることの多い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ディズニーの誕生日プレゼントには何があるの?おすすめの特典は?

特別な日である誕生日には、特別な場所で過ごしたいもの。そんな特

赤ちゃんのディズニーデビューはいつから?楽しみ方や注意点は?

赤ちゃんの頃から様々な体験をさせてあげる事は、成長していくためにはとて

赤ちゃんはいつから新幹線に乗れるの?席の料金が無料になる条件は?

お盆や年末年始の帰省には、渋滞のない新幹線が便利です。

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見

ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いとは?雪とはどう違うの?

フワフワと降る雪はロマンチックですが、実際には雪ではなく「みぞれ」が降

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑