ご自愛くださいの意味は?正しい使い方のポイントと例文を紹介!

最終更新日: | 役立つ雑学 | , ,

gojiaireibun1

近では手紙を受け取ることも少なくなりましたが、丁寧に書かれた手紙を頂くと嬉しくなります。

そんな手紙の文末に、「ご自愛ください」とあるのを見たことはありませんか?

こちらを気遣う文章で嬉しく思いつつ、自分でもこの文章を使いたいと思うもの。もし使う場面があるのなら、しっかり意味を把握した上で使いたいですよね。

そこで、ご自愛くださいの意味と使い方を、例文を交えて紹介します!

スポンサーリンク

ご自愛くださいの意味は?

お体を大切に

ご自愛という言葉は難しく感じますが、そう感じるのは元は漢語だったから。

「自ずから愛しむ(おのずからいつくしむ)」が元々の言葉で、ここから「ご自愛」となりました。

「自ずから」とは、みずから・自分から・自分のという意味。

「愛しむ」とは、大事にする・大切にするという意味。

そこから転じて、「ご自愛ください」は次の意味となります。

・自分自身の体を大切にする
・物事を大切に扱う
・己の利益を大切にする
・物事や行動を慎む

基本的には「体を大切にする」という相手の健康を気遣ういたわりの言葉。「どうぞお体を大切にして下さい」という意味で使いましょう。

gojiaireibun3

ご自愛くださいの使い方とポイント

相手をいたわる言葉として

ご自愛くださいの使い方ですが、手紙の文末に使用するのが一般的。相手の健康をいたわり、気遣う言葉として最適です。

同様にビジネスメールの文末に使うと、細やかな印象を与えます。

一方で話し言葉として使うと固い印象となるので、ほかの言い方に変えたほうが適切。

例えば
「お体を大切に」
「無理をしないでください」
という方が柔らかい印象となります。

目上の方に使っていいのか

書き言葉として主に使われるご自愛くださいは、目上の方に使って良い言葉かが気になりますね。

その点に関しては、年齢性別関係を問わず使える言葉ですので安心して下さい。

むしろ相手をいたわるという点を考えると、目上の方に対して積極的に使いたい言葉。

手紙の文末に悩むことも多いですし、困ったら「ご自愛ください」を使いましょう。

gojiaireibun2

注意点は?

積極的に使いたい「ご自愛ください」ですが、いくつか注意すべき点があります。

○お体をご自愛くださいませ、としない
「ご自愛」という言葉には、既に「自分」という言葉が含まれています。

自分を愛しむという事は、体をいたわって下さいということ。そこに「お体」をつけてしまうと、「体を体をいたわって」と体が二重になってしまいます。

○病気の方には使わない
ご自愛くださいは、元気な方が体調を崩さないようにと気遣う言葉。そのため既に体調を崩している方へは使えない言葉となります。

この場合は「お早い回復をお祈りいたします」などの、健康になることを願う言葉を選びましょう。

○ご慈愛ください、ではない
同じ音の漢字に、「慈愛(じあい)」という言葉があります。慈愛とは、「親が我が子を愛しむような、深い愛情」という意味。

こちらも良い言葉ではありますが、「ご慈愛ください」という使い方はしません

スポンサーリンク

ご自愛くださいを使った例文

季節別の例文

主に文末の挨拶に使われる「ご自愛ください」ですが、季節に合わせて次のように使いましょう。

○秋から冬にかけて
・日に日に冷え込みが厳しくなりますが、どうぞご自愛くださいませ。

・秋雨が続く時期柄、くれぐれもご自愛ください。

○冬に
・厳しい冷え込みが続きますが、風邪を引かぬようご自愛ください。

・風邪やインフルエンザが流行っておりますが、どうぞご自愛くださいませ。

○春から夏にかけて
・花冷えの時期柄、どうぞご自愛くださませ。

・梅雨で体を冷やさぬよう、くれぐれもご自愛くださいませ。

○夏に
・厳しい暑さが続きますが、どうかご自愛ください。

・残暑きびしい時期柄、くれぐれもご自愛くださいませ。

季節を問わない場合は

手紙・メールの内容によっては、季節の挨拶が使いづらい場合もあります。

そういった場合は、次のような文末にしましょう。

・時期柄の折ではありますが、どうぞご自愛ください。

・皆様におかれましては、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

・ご多忙の折ではございますが、どうかご自愛くださいませ。

この中で「時期柄」「ご多忙」は、状況を問わず使える便利なフレーズ。

迷ったときはこの文末と覚えておけば、手紙への苦手意識も少し和らぎますよ。

gojiaireibun4

いたわりの優しい言葉

「ご自愛ください」という言葉には、健康であることを願い気づかう意味があります。

無理をしないでほしい…
体調を崩しやすい季節なので気をつけてほしい…

そんな優しい言葉を頂けると、受け取る側もきっと嬉しく感じることでしょう。

健康な方に使う言葉という注意点はありますが、基本的には誰に対しても使える便利な言葉

優しい気持ちがあふれる言葉として、ぜひ手紙などで「ご自愛ください」を使いましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

百聞は一見にしかずには続きがあった!?その言葉の意味や由来とは?

日常生活や人生での様々な節目において、参考になったり戒めとなる言葉があります。 例えば

記事を読む

ハッシュドビーフとハヤシライスの違い。ハヤシの由来とは?

ご飯大好き日本人にとって、ご飯に何かをかける料理は人気のメニューですね。 そんなご飯に

記事を読む

祝日と祭日の違いって何ですか?それぞれの意味は?

カレンダーを見て、次の連休が何連休なのかを確認して、 先の予定を考えたりすることってありますよ

記事を読む

月の表面の様子や表面温度ってどうなの?裏側はどうなってる?

月に人類が降り立って40年以上が過ぎましたが、未だに月は遠く離れた存在。 いつか誰でも

記事を読む

アメリカ大統領の任期は何年?選挙の仕組みはどうなってるの?

各国の首脳陣が変わる時は、ニュースでも大きく取り上げられます。特にアメリカの大統領に関しては

記事を読む

2015年は未年(ひつじ)!干支・十二支の由来・意味は?

年末が近づくと、年賀状のこともあって、 次の年の干支が気になりますよね。 干支をモチーフ

記事を読む

終日の読み方や意味。全日との違いは何?使い方はどうする?

事故などで電車が運休となってしまうと、出勤やお出かけに影響が出てしまいますね。少し待てば運転

記事を読む

「おざなり」と「なおざり」の意味と違いとは?どう使い分ける?

ネット上のニュースなどを読んでいると、「これは書き間違いかな?」と思える言葉に出会いませんか

記事を読む

干支(十二支)の順番と読み方は?簡単な覚え方もご紹介!

日本人の年齢確認の中には、「何年(なにどし)生まれ?」と聞かれることがたまにありますね。こう

記事を読む

2016年の干支は丙申(ひのえさる)。申の由来や特徴は?

年賀状を描く季節となると意識するのが、来年の干支のこと。年賀状の絵柄に干支を取り入れますし、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

福島の会津まつり2017年の日程と見どころ!豪華参加ゲストも楽しみ!

日本全国で行われるお祭りには、その土地ならではの歴史が盛り込まれている

新潟上越の謙信公祭2017年の日程と最大の見どころは?

戦国時代の人物の中には、全国的に名前が知られて人気の高い人物が何人もい

深川八幡祭り2017年は本祭り!屋台や水掛けなど見どころを紹介!

東京を代表する、三大祭をご存知ですか? 神田祭・山王祭・深川祭が

盛岡さんさ踊り2017年の日程と見どころ!岩手の名前の由来は?

夏祭りといえば、盆踊りに代表されるように「踊り」のイメージがありません

男性の肌にも保湿は必要?メンズ用保湿クリームの選び方や使い方!

男性の肌の悩みで多いのが、気がついたら脂(あぶら)でテカテカに

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑