噛んでしまった!動かない!外れたファスナーの直し方!

fastenerfix1

ーンズ・ジャージ・カバンなどに使われるファスナーは、開け閉めが簡単で衣服に欠せません。

しかし長く使っていると、開かなくなったり布を噛んでしまうトラブルが。こんな時に力いっぱい引っ張った結果、ファスナーが片方だけ外れてしまった… なんてことも。

ファスナーは便利だからこそ、使えなくなった時にはイライラしますね。

そんな外れてしまったファスナーは、どうしたら上手く直せるものなのでしょうか?

状況別に覚えておきたい、ファスナーが外れたり動かない時の直し方をご紹介します。

スポンサーリンク

ファスナーが動かない時の直し方

ファスナーの基本的な構造

ファスナーの直し方を紹介する前に、ファスナーを構成する部品を紹介します。

fastenerfix2

○エレメント
ファスナーの、ギザギザ噛みあう部分。

○スライダー
エレメントを噛み合わせるための装置。上下に動かしてファスナーを開閉する。

○止金
エレメントの両端にある金具で、これがあることでスライダーが端で止まる。

○テープ
エレメントが付いている布地の事で、この部分を服に縫い合わせる。

動かない原因は

ファスナーが動かなくなる原因は、主に次の3点が挙げられます。

・スライダー内のエレメントの、かみ合わせ部分が動かなくなる

・衣服などの布を、ファスナーが噛んでしまっている

・スライダー部分が、何かしらの原因で壊れてしまった

この内、最後のスライダーの故障はめったに無いことですが、こうなった時は手に負えませんね。残念ですが縫い合わせている糸を外し、新しいファスナーと交換しましょう。

それ以外の

・かみ合わせが動かない
・布を噛んでいる

といった場合は、対処が可能です。

かみ合わせが動かない場合は

ファスナーのかみ合わせが動かない場合、まずは止まってしまったポイントから、逆の方向へゆっくりスライダーを戻します

そしてもう一度ゆっくりと、動かしたい方向へスライダーを優しく動かす。

かみ合わせ部分にホコリが入っていた場合などは、これだけで直る事があります。

それでも動かないようなら、細く尖ったものでスライダーのエレメントを噛んでいる部分をこすります。あまり強くこすらず、軽くこするのがコツ。これでスムーズに動き出す事もあります。

古い衣服で錆び付いている時は、エレメント全体に少しだけリップクリームやワセリンを塗る方法が。つけすぎるとベタベタするばかりか、衣服に油がついてシミになるので注意が必要です。

□壊れたジッパーの直し方 【おばあちゃんの知恵】【リペア】

*この動画では石鹸を使っていますが、全体的に薄くつけるのは同じですね。

布を噛んでしまった時は

ファスナーが布を噛んで動かなくなった時は、ファスナーではなく布を引っ張りましょう

この時ファスナーに対して、水平方向にピンと引っ張るのがコツ

これで外れないなら1人が布を引っ張りつつ、もう1人がファスナーを静かに動かす。布を引っ張りつつ動かすので、ファスナーだけを動かすよりも布が外れやすくなります。

これでもダメなら、一度ファスナー周辺をドライヤーで温めます

ある程度温まったら布とファスナーの間に、細いマイナスドライバーなどをねじりこみます。これで隙間ができるので、後は布を引っ張りつつ軽くファスナーを動かしましょう。

ただしこの方法は、ファスナーが変形する恐れがあるので無理は禁物です。

スポンサーリンク

ファスナーが外れた時の直し方

ファスナーを分解

ファスナーが動かなくなった時に、思い切り引っ張るなどしてファスナーが外れてしまうことが

こうなった時は止金を外してからスライダーを外し、もう一度エレメントを通し直しましょう

特にエレメントを噛みあわせ直す作業が大変ですが、焦らずゆっくり行うのが近道。上手く通すことができたら、再び止金を留め直して完了です。

fastenerfix3

力技で入れる

スライダーのエレメントを噛みわせる部分を開いて、押し込む方法もあります。

手順としては

1.細いマイナスドライバーで、スライダーの該当部分を押し開く

2.開いたらエレメントを押し込む

3.押し込めることに成功したら、ペンチなどでスライダーを押して開いた部分を閉じる

…といったもの。

この方法は力を加えて広げるなどして、ファスナーが壊れてしまう可能性があります。また閉じる際に力を入れすぎると、今度はきつくなりすぎて動かなくなることも。

力技でありながら力加減が必要な作業ですので、無理のない範囲で頑張りましょう。

無理せずプロに相談した方が良いことも

ブランド品の場合、そのブランドの修繕部門に修理を依頼する方法があります。特に何年も使い続けるカバン類ならば、確実に修理が可能。

また昔ながらの仕立て屋や、衣服の修繕を請け負うお店に持ち込むと、ファスナーを直してもらえることも

手に追えない状態で交換となっても、プロの技術で上手に付け替えてもらえますよ。

どうしてもファスナーが直せない場合は、無理せずプロに直してもらいましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

指輪をつける指に込められた意味とは?左指と右指でも違うの?

婚約指輪や結婚指輪は、左薬指につけるのが常識となっていますね。それ以外のファッションリングですと、右

記事を読む

海の日の由来とは?どんなイベントがあるの?2017年はいつ?

学生にとって夏休みは、1日でも長いほうが嬉しいもの。社会人にとっても、祝日を含んだ連休になるととても

記事を読む

ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの違い!暖かさはどう違う?

寒い冬に一部屋だけ暖めたい時に活躍するのが、電気式ストーブ。灯油式と違って空気が汚れませんし

記事を読む

面白い?知的?文化祭で使えるスローガンの例あれこれ!

学校行事の中でクラスが一丸となるものといえば、文化祭は外せませんね。ギリギリまで学校に残って

記事を読む

一つだけじゃない!2016年問題って何?その原因や影響は?

かつて2000年問題というものがありました。2000年を迎える年越しのタイミングで、コンピュータのシ

記事を読む

エイプリールフールの由来とは?世界の面白ネタもご紹介!

ご存知、4月1日は『エイプリルフール』の日です。 嘘を言っても良い日と言われていますね。

記事を読む

嫌なジャリッ!を防ぐ、はまぐりの簡単な砂抜き方法!保存はどうする?

潮干狩りで取れた新鮮なはまぐりは、網で焼いたり酒蒸しにするととても美味しいですよね。またお吸い物やお

記事を読む

ダウンジャケットは自宅の洗濯機で洗えるの?洗うポイントは?

冬の間、大活躍したダウンジャケット。 春になれば、もう着なくなりますよね。 収納タンスに

記事を読む

ホタルイカの身投げ2017年はいつ頃?ホタルイカすくいとは?

旅行に行く目的は様々ですが、ここでしか見られないもの、というのはありますよね。それもロマンテ

記事を読む

2017年の祝日カレンダーを一覧で紹介!今年の連休の特徴は?

来年のカレンダーや手帳は、早ければ10月頃から販売が開始されますね。早々に書店や文具店などで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

男性の肌にも保湿は必要?メンズ用保湿クリームの選び方や使い方!

男性の肌の悩みで多いのが、気がついたら脂(あぶら)でテカテカに

メンズも香水が必要?男性香水の選び方と付け方を紹介します!

最近では男性も、嗜み(たしなみ)としてつける方が増えてきた香水。仕

コスメパーマは他のパーマとどう違う?メンズにも出来るパーマなの?

癖のある髪の毛をストレートにしたり、あるいは思い通りの癖付けが

コールドパーマとデジタルパーマの違い!髪質やヘアスタイルから選ぶならどっち?

イメチェンをしたいときにまず考えるのは、ヘアスタイルを変えるこ

サビオ?絆創膏?それともバンドエイド?地方によって違う呼び方!

怪我した時に張るガーゼ付きテープの事を、あなたはなんと呼んでい

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑