小春日和の由来と意味!使う季節はいつごろ?英語では何と言うの?

本語は意外と難しいもので、漢字を見てそのままの意味だと思っていると違っていたことが。

知らずに使っていて間違いを指摘され、恥ずかしい思いをしたことはありませんか?またビジネスシーンで知らずに使い、取引先に駄目な印象を与えることも…。

そうした間違えやすい言葉に、「小春日和」があります。

小春だからと言って、春に使う季語ではないんですね。

そんな、小春日和について、

・小春日和の意味や由来
・小春日和とはいつごろ?
・小春日和の使い方
・小春日和を英語で言うと?

をそれぞれまとめてみました!

スポンサーリンク

小春日和の意味や由来とは

小春=春ではない

「小春日和」という文字だけを見ると、「春」の言葉と解釈する人もいることでしょう。

しかしこれが間違いの元で、小春日和の小春は「春」を指す言葉ではありません

koharubiyori1

小春とは、旧暦10月の異名の一つ。その意味は、
「春のような日」
の事。

柔らかな日差しが暖かく、まるで春のような日だという事です。確かに秋の過ごしやすい一日は暖かく、まるで春のように感じますよね。

そんな過ごしやすい日々が続くので、「小春日和」と呼ばれるようになったのです。

小春日和とはいつごろ?

koharubiyori2

秋というより初冬

小春日和が春でないのなら、時期はいつごろを指す言葉なのでしょうか。

旧暦10月を現代の暦(太陽暦)に当てはめると、10月下旬から12月中旬頃までに当たります。

時期の範囲が広いのは、旧暦には「閏月」がはさまるためです。閏月がある年は1年が13ヶ月になるため、現代の暦と対応させると範囲が広くなってしまうんですね。

現在の10月下旬はですが、12月に入ると晩秋というよりは初冬。イメージ上の小春日和は秋なのですが、実際は初冬頃を指す言葉と言えそうですね

□2010年11月21日京都大文字山

*紅葉も美しい時期ですので、お出かけにも最適ですね。

小春日和の使い方

挨拶文で使う場合

取引先に送るメールや改まった形式で送る手紙には、冒頭の挨拶文が欠かせません。

季節の挨拶と相手を気遣う文章と、こちらの軽い近況を伝える必要が。この様な季節の挨拶のうち、10月下旬から11月にかけての挨拶に小春日和は使います。

例えば次のような文章ですと、手紙の書き出しにピッタリですね。

・小春日和の過ごしやすい日々が続いておりますが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

・小春日和のなかでも、ふとした瞬間にひんやりした空気を感じる季節となりました。

・小春日和の候、ますますご清祥のことと存じます。

また手紙やメールの締めの文章に、小春日和を使うのも良いですね。

・小春日和の暖かな日々が続きますが、冬はすぐそこですのでどうぞご自愛下さいませ。

スポンサーリンク

俳句では

地域にもよりますが現在の日本では、12月頃から3月頃までが冬という考え方が一般的。しかし旧暦での考え方では、10月・11月・12月が冬。

そのため俳句や和歌の世界では、11月に当たる小春日和は「冬」を表す言葉となります。

特に俳句の世界では、小春日和は冬を表す季語。冬の合間のいっときの暖かさや、冬のはかなさを表現する言葉として用いられます。

秋の季語でも春の季語でもないので、間違えずに使いたいですね。

ちなみに小春日和を英語にすると?

koharubiyori3

英語における小春日和は…

実は英語にも、小春日和に当たる表現があります。

それは「Indian Summer」というもので、直訳すると「インディアンの夏」というもの。

この様に呼ばれるようになったのには、いくつか説があります。その一つが、奪われた土地を取り戻す時期というもの。

アメリカ先住民であるインディアンの土地を、移民が様々な方法で奪い取ったと言われています。しかし、その土地をインディアンが取り戻すために、霜が降りて足元が悪い晩秋を選んで襲撃したとのこと。

これは逃亡する際に足あとがぐちゃぐちゃになって追跡しづらいからです。

この逸話からアメリカの辞書では、「晩秋の、霜が降った後の暖かい時期」と掲載されているんですよ。

その他の説としては、次のようなものがあります。

霧の立ち込める晩秋に、インディアンは焚き火をする風習があるから

「Indian」には「安っぽい嘘」という意味もあり、そこから夏のように暖かいというのが「偽物だ」という意味ですね。

ちなみにイギリスでは「Indian Summer」の他に、
「St.Martin’s Summer」
という表現も。

「St.Martin’s」には「偽りの」という意味があるので、ニセモノの夏という意味になりますね。

暖かな「小春日和」を穏やかに

小春日和とは文字だけ見ると春の印象ですが、実は晩秋から初冬にかけて使う言葉。うっかり春先に使うと恥をかくので、間違えずに使いましょう。

その意味はまるで春のような暖かい日々の事で、ある意味春だと思うのも仕方ないこと。晩秋のビジネスメールやお手紙などに取り入れて、季節の挨拶として活用したいですね。

暖かな小春日和が過ぎたら冬はすぐそこ。それまでのひとときを穏やかに過ごしましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

小満(しょうまん)はどんな意味があるの?2017年はいつ?

毎日見るカレンダーには普段あまり見慣れない、暦の用語が幾つも書かれています。その中には、読み

記事を読む

お彼岸の由来とは? 2017年春・秋のお彼岸はいつ?

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言われる言葉です。 厳しい残暑や寒さも、お彼岸の頃には和らい

記事を読む

鯉のぼりの由来や意味。こどもの日に掲げるのは何故?

5月5日は「こどもの日」。 こどもの日には、特に男のお子さんがいる家庭では、お祝いをさ

記事を読む

ひな祭りの食べ物!ちらし寿司の由来と具のそれぞれの意味は?

ひな祭りの食べ物と言えば「ちらし寿司」ですよね。 子供の頃、母が大きな桶にいっぱい作っ

記事を読む

端午の節句に粽(ちまき)や柏餅を食べるのは何故?由来は?

5月5日は「子どもの日」ですが、端午の節句でもあります。 もともと、菖蒲やヨモギを軒

記事を読む

のし袋に金額を書くときの正しい書き方は?選び方もご紹介!

冠婚葬祭には付き物の「のし袋」。 のし袋は、使う場面によって色んな種類があります。また

記事を読む

子供と一緒に!ひな祭りにぴったりの手作りおやつの作り方!

ひな祭りは女の子のためのお祝い。とことん可愛くお祝いしたいですね。 ひな祭りケーキなど

記事を読む

春分の日の意味とは?2017年はいつ?風習や食べ物と言えば?

3月は別れの季節でもあり、冬から春へと移り変わる季節でもあります。そんな3月の祝日と言えば、春分の日

記事を読む

十五夜、十三夜、十日夜の意味とは?2016年はいつ?

満月に楽しむ「お月見」は、普段なかなか見ることのない夜空をゆっくり眺めるチャンス。お団子も美

記事を読む

芒種(ぼうしゅ)の意味とは?2017年はいつ?

カレンダーを見ていると日付の横に、様々な言葉が書き記されていることがあります。大安や仏滅などよく目に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

福島の会津まつり2017年の日程と見どころ!豪華参加ゲストも楽しみ!

日本全国で行われるお祭りには、その土地ならではの歴史が盛り込まれている

新潟上越の謙信公祭2017年の日程と最大の見どころは?

戦国時代の人物の中には、全国的に名前が知られて人気の高い人物が何人もい

深川八幡祭り2017年は本祭り!屋台や水掛けなど見どころを紹介!

東京を代表する、三大祭をご存知ですか? 神田祭・山王祭・深川祭が

盛岡さんさ踊り2017年の日程と見どころ!岩手の名前の由来は?

夏祭りといえば、盆踊りに代表されるように「踊り」のイメージがありません

男性の肌にも保湿は必要?メンズ用保湿クリームの選び方や使い方!

男性の肌の悩みで多いのが、気がついたら脂(あぶら)でテカテカに

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑