枝豆(EDAMAME)の美味しいゆで方!美味しさの秘密は何?

最終更新日: | 飲食 | ,

居酒屋の「お通し」で出されたり、定番メニューとしてもおなじみの枝豆

冷凍の枝豆も販売されていますが、旬の枝豆は自分で茹ると美味しさも別格です。しかし、いざ茹でてみると、もっと美味しくなるはずが…という経験はありませんか?

塩ゆでするだけの枝豆ですが、ポイントを押さえるともっと美味しくなるんですよ!

そこで、枝豆を茹でる時のポイントと、美味しいゆで方を紹介します!

スポンサーリンク

美味しい枝豆をゆでるポイント

まずは枝豆選びから

スーパーで枝豆を選ぶ時は、なるべく新鮮なものを選びましょう。枝付きのもの・袋詰めのものがありますが、枝付きの方が鮮度は落ちにくくなっています

いずれにしても「サヤ」が鮮やかな緑色が新鮮な証拠。くすんだ茶色になりつつあるものは、鮮度が落ちかけているので避けましょう。その上でサヤが均等に膨らんでいて、産毛が濃いものが中の豆が大きく熟した証拠

なるべくこの様なサヤの多い枝豆を選んで、購入しましょう。

edamameyudekata1

両端カットで美味しさアップ

新鮮な枝豆を入手したら、次は下ごしらえを行いましょう。

枝ごと購入した場合は、枝から切り取るときにサヤの両端を切り落とします。袋詰の場合も、ハサミなどでサヤの両端をカット。

こうすること、中の豆に塩味が染み込みやすくなり、美味しい枝豆に茹で上がります

もし両端をカットする余裕がない場合は、別の方法があるので安心して下さい。

美味しさの秘密は塩加減

枝豆の味付けは塩とシンプルですが、この塩の量も重要なポイント。

茹でるときに使う塩の量は、水1リットルに対して塩40g。多いように感じますが、これぐらいでないとしっかりとした味が付きません。

用意した塩ですが、一部は先に枝豆に揉み込むのに使用します。茹でる前の枝豆に、大さじ1程度の塩をまぶしてしっかり揉み込みます。

こうすることで味が染み込みやすくなり、枝豆の産毛も取れて食べやすくなる効果が。

両端をカットしなかった場合は、ここで1時間ほど枝豆を寝かせて塩味を染み込ませます。

茹で時間は3分半を目安に

edamameyudekata2

お湯を沸かす時は大きな鍋を使い、枝豆が鍋の中で自由に動くぐらいの多めの水を準備します。

水と塩を加えて沸騰させたら、塩もみした枝豆を塩ごとお湯に投入。タイマーを3分30秒にセットして、吹きこぼれないように注意しながら茹でます。

茹で時間ですが、豆の大きさや硬さによって3分~5分が目安。なので3分30秒茹でた時点で一度豆の硬さを見て、ちょっと硬いかなぐらいが茹で上がり。

この時点でしっかり茹で上がっていると、余熱で柔らかくなりすぎるので注意してください。

冷やし方一つで味も変わる

茹で上がった枝豆は、熱々のうちに頂いても美味しいですよね。一方で夏場などは暑すぎるため、冷水で洗って冷やすことも。

実は冷水や氷水で冷やしてしまうと、せっかくの塩味がぼやけてしまいます。

なので冷やす時はバットやザルなどに広げ、うちわや扇風機であおいで早めに冷ましましょう。

こうすることで茹で上がった時の鮮やかな色を残しつつ、しっかりとした塩味に。しかも茹で上がり直後のしっかりした歯ごたえが残るので、美味しい枝豆に仕上がります。

スポンサーリンク

美味しい枝豆の茹で方

枝豆のゆで方

それでは、美味しい枝豆の茹で方を紹介します。

■材料
・枝豆 …300g前後
・水  …1リットル
・塩  …40g

※塩は、このうち大さじ1を別に分けておきます

この他に、
・大きめの鍋
・ザル
・バットなど枝豆を広げられるもの
・扇風機やドライヤー・うちわ

を用意して下さい。

■枝豆の美味しい茹で方
1.枝豆を軽く水洗いしてから、サヤの両端を切り落とす。(0:55)
 (面倒なら落とさなくてもよいです)

2.ボウルなどに、枝豆と大さじ1の塩を入れてよく揉む。(1:10)

3.両端を切り落とさなかった場合は、1時間ほど置く。

4.鍋に水と残りの塩を入れて沸騰させ、枝豆を塩がついたまま入れて茹でる。(1:30)

5.3分30秒経過したら豆の硬さを確認し、良ければお湯から引き上げる。

6.軽く水気を切った枝豆を広げ、うちわなどで扇いで冷まして完成。(2:40)

★枝豆のおいしいゆで方

*作り方の後ろにある時間は、この動画の参考となる時間です。

枝豆の美味しさは世界共通!

枝豆は外国でも「EDAMAME」で通じるほどで、世界中の人々をトリコにしています。

シンプルな塩ゆでだからこそ、その美味しさは世界中に通じるんですね。

しかしシンプルだからこそ、美味しいゆで方を把握しておきたいもの。そして茹で上がったら、みんなで美味しく食べたいですね。

美味しくて手が止まらなくなる枝豆を、もっと美味しく茹でて頂きませんか?

スポンサーリンク

関連記事

もずくの栄養と効果とは?酸っぱいのが苦手でも大丈夫な食べ方も

晩御飯に一品足りない時は、ササッと作れる、 もずく酢の小鉢っていいですよね。 我が家でも普通

記事を読む

もち麦の気になる栄養と健康効果とは?効果的な炊き方は?

毎日の食卓にご飯は欠かせませんが、お米のご飯だけを食べ過ぎると栄養の偏りが気になります。

記事を読む

ズッキーニの栄養と効能!美味しい食べ方もご紹介!

ここ数年で一般的になった野菜の一つに、ズッキーニがあります。 家庭菜園でも育てやすく、夏になる

記事を読む

パンケーキとホットケーキの違いは何?実は同じもの?

お店で食べるふわふわのパンケーキは、 とろけるように美味しいですよね。 家でも再現出来た

記事を読む

味噌汁の具に人気の組み合わせは何?定番から変わり種まで!

日本人の食事の定番と言えば、味噌汁は外せません。 最近では作らない家庭も増えていますが

記事を読む

苦い渋柿を甘くする方法とは?柿に含まれる栄養効果もご紹介!

甘くて美味しい柿を食べていると、秋が来たなぁと体で感じられます。 でも美味しい柿の中に

記事を読む

焼き飯とチャーハンの違いとは?ピラフは何が違う?

手早く作れて美味しいチャーハンは、主婦に嬉しいメニューの一つです。ご飯がたくさん余った時などに、冷蔵

記事を読む

ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェ、それぞれの違いは?

毎日の生活にコーヒーやお茶が欠かせない人にとって、カフェインは気になるところ。あまり取り過ぎ

記事を読む

冷え性に抜群!乾燥生姜の驚くべき効能とは?作り方と保存方法も紹介!

女性の体の悩みで多く聞かれるのが、真夏でも体が冷えてしまう「冷え症」です。 エアコンの効いた室

記事を読む

アボカドの上手な切り方と保存方法は?アボガドと読んでもいい?

アボカドはとろっとした味わいも美味しく、美容に良いことからメニューに取り入れたい食べ物の一つ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

芒種(ぼうしゅ)の意味とは?2017年はいつ?

カレンダーを見ていると日付の横に、様々な言葉が書き記されていることがあ

小満(しょうまん)はどんな意味があるの?2017年はいつ?

毎日見るカレンダーには普段あまり見慣れない、暦の用語が幾つも書

夏を先取り!立夏にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

ニュースなどで時々「暦の上では今日から夏ですが・・・」という言

こどもの日は女の子もお祝いしていいの?プレゼントはどうする?

5月5日のこどもの日は、端午の節句とも呼ばれています。

女性のむくみ防止に!着圧ソックスの効果と正しい使い方とは?

デスクワークが多い女性にとって、気になるのが足のむくみ。出勤時

→もっと見る

PAGE TOP ↑