枝豆(EDAMAME)の美味しいゆで方!美味しさの秘密は何?

最終更新日: | 飲食 | ,

居酒屋の「お通し」で出されたり、定番メニューとしてもおなじみの枝豆

冷凍の枝豆も販売されていますが、旬の枝豆は自分で茹ると美味しさも別格です。しかし、いざ茹でてみると、もっと美味しくなるはずが…という経験はありませんか?

塩ゆでするだけの枝豆ですが、ポイントを押さえるともっと美味しくなるんですよ!

そこで、枝豆を茹でる時のポイントと、美味しいゆで方を紹介します!

スポンサーリンク

美味しい枝豆をゆでるポイント

まずは枝豆選びから

スーパーで枝豆を選ぶ時は、なるべく新鮮なものを選びましょう。枝付きのもの・袋詰めのものがありますが、枝付きの方が鮮度は落ちにくくなっています

いずれにしても「サヤ」が鮮やかな緑色が新鮮な証拠。くすんだ茶色になりつつあるものは、鮮度が落ちかけているので避けましょう。その上でサヤが均等に膨らんでいて、産毛が濃いものが中の豆が大きく熟した証拠

なるべくこの様なサヤの多い枝豆を選んで、購入しましょう。

edamameyudekata1

両端カットで美味しさアップ

新鮮な枝豆を入手したら、次は下ごしらえを行いましょう。

枝ごと購入した場合は、枝から切り取るときにサヤの両端を切り落とします。袋詰の場合も、ハサミなどでサヤの両端をカット。

こうすること、中の豆に塩味が染み込みやすくなり、美味しい枝豆に茹で上がります

もし両端をカットする余裕がない場合は、別の方法があるので安心して下さい。

美味しさの秘密は塩加減

枝豆の味付けは塩とシンプルですが、この塩の量も重要なポイント。

茹でるときに使う塩の量は、水1リットルに対して塩40g。多いように感じますが、これぐらいでないとしっかりとした味が付きません。

用意した塩ですが、一部は先に枝豆に揉み込むのに使用します。茹でる前の枝豆に、大さじ1程度の塩をまぶしてしっかり揉み込みます。

こうすることで味が染み込みやすくなり、枝豆の産毛も取れて食べやすくなる効果が。

両端をカットしなかった場合は、ここで1時間ほど枝豆を寝かせて塩味を染み込ませます。

茹で時間は3分半を目安に

edamameyudekata2

お湯を沸かす時は大きな鍋を使い、枝豆が鍋の中で自由に動くぐらいの多めの水を準備します。

水と塩を加えて沸騰させたら、塩もみした枝豆を塩ごとお湯に投入。タイマーを3分30秒にセットして、吹きこぼれないように注意しながら茹でます。

茹で時間ですが、豆の大きさや硬さによって3分~5分が目安。なので3分30秒茹でた時点で一度豆の硬さを見て、ちょっと硬いかなぐらいが茹で上がり。

この時点でしっかり茹で上がっていると、余熱で柔らかくなりすぎるので注意してください。

冷やし方一つで味も変わる

茹で上がった枝豆は、熱々のうちに頂いても美味しいですよね。一方で夏場などは暑すぎるため、冷水で洗って冷やすことも。

実は冷水や氷水で冷やしてしまうと、せっかくの塩味がぼやけてしまいます。

なので冷やす時はバットやザルなどに広げ、うちわや扇風機であおいで早めに冷ましましょう。

こうすることで茹で上がった時の鮮やかな色を残しつつ、しっかりとした塩味に。しかも茹で上がり直後のしっかりした歯ごたえが残るので、美味しい枝豆に仕上がります。

スポンサーリンク

美味しい枝豆の茹で方

枝豆のゆで方

それでは、美味しい枝豆の茹で方を紹介します。

■材料
・枝豆 …300g前後
・水  …1リットル
・塩  …40g

※塩は、このうち大さじ1を別に分けておきます

この他に、
・大きめの鍋
・ザル
・バットなど枝豆を広げられるもの
・扇風機やドライヤー・うちわ

を用意して下さい。

■枝豆の美味しい茹で方
1.枝豆を軽く水洗いしてから、サヤの両端を切り落とす。(0:55)
 (面倒なら落とさなくてもよいです)

2.ボウルなどに、枝豆と大さじ1の塩を入れてよく揉む。(1:10)

3.両端を切り落とさなかった場合は、1時間ほど置く。

4.鍋に水と残りの塩を入れて沸騰させ、枝豆を塩がついたまま入れて茹でる。(1:30)

5.3分30秒経過したら豆の硬さを確認し、良ければお湯から引き上げる。

6.軽く水気を切った枝豆を広げ、うちわなどで扇いで冷まして完成。(2:40)

★枝豆のおいしいゆで方

*作り方の後ろにある時間は、この動画の参考となる時間です。

枝豆の美味しさは世界共通!

枝豆は外国でも「EDAMAME」で通じるほどで、世界中の人々をトリコにしています。

シンプルな塩ゆでだからこそ、その美味しさは世界中に通じるんですね。

しかしシンプルだからこそ、美味しいゆで方を把握しておきたいもの。そして茹で上がったら、みんなで美味しく食べたいですね。

美味しくて手が止まらなくなる枝豆を、もっと美味しく茹でて頂きませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

丸ごとでも怖くない!パイナップルの簡単な切り方と保存方法とは?

ホームパーティーを行う時に、テーブルの真ん中に華やかになる物を飾りたくないですか? そ

記事を読む

焼き魚のきれいな食べ方とマナーについて。食べた後はどうする?

焼き魚をきれいに食べるのって中々難しいものですね。 切り身であれば、骨も少なく身も箸で

記事を読む

オリーブオイルは料理だけじゃない!高い健康効果を発揮する摂り方とは?

今やキッチンに備えてる人が多いオリーブオイル。 お料理する人にとってはオリーブオイルは、

記事を読む

チョコレートフォンデュのおすすめ具材は?定番と変わり種もご紹介!

https://youtu.be/qW7Igz3Rfmk デザートビュッフェにチョコレートフォ

記事を読む

もやしは栄養効果抜群!加熱や水洗いはどうする?

給料日前で、ちょっとピンチなときに、お買い得なもやしは、助かりますよね。もやしは、一袋でも量

記事を読む

甘くて美味しい!パイナップルの栄養効果とは?カロリーはどう?

https://youtu.be/p8JcVzbd9Zg 南国のフルーツと言われると、あなたは

記事を読む

かぼちゃはダイエット向きの食材?栄養・効果とおすすめの食べ方!

ダイエット時には運動とともに、野菜を中心としたバランスのよい食事を取ることが大切です。 しかし

記事を読む

最後まで美味しく!キムチ鍋の「しめ」に人気のおすすめメニューは?

寒い季節に食べたくなる鍋は、野菜がたっぷり取れるヘルシーメニュー。特にキムチ鍋は唐辛子のピリ

記事を読む

新生姜と生姜の違いとは?栄養面ではどう違うの?レシピもご紹介!

冷蔵庫に常備しておきたい生姜は、爽やかな辛味が特徴の野菜ですね。 いつでも買える生姜ですが、夏

記事を読む

ズッキーニの栄養と効能!美味しい食べ方もご紹介!

ここ数年で一般的になった野菜の一つに、ズッキーニがあります。 家庭菜園でも育てやすく、夏になる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

仙台・光のページェント2017年の期間や点灯時間。イルミネーションの見どころは?

クリスマスシーズンを迎えると、街のあちこちでイルミネーションを

十日戎とは?西宮神社・今宮戎神社・京都ゑびす神社、三神社の祭りの見どころ!

日本のお祭りは地域によって特色が変わり、一部の地域だけで有名な

2018年戌年の年賀状作成に!無料で使える素材やテンプレート7選!

年末は様々な用事が重なり、気がついたらお正月が目前…なんてこと

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)!戌年の由来や特徴とは?

年末が近づくと年賀状を購入しなければ・・と、慌てることが増えて

赤ちゃんの初正月で飾る羽子板や破魔矢・破魔弓の意味。飾るのはいつまで?

赤ちゃんが生まれると、成長に合わせて様々な行事が行われます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑