足がつる原因は何?足がつった時の対処方法や予防方法

最終更新日: | 健康 | , , ,

久々に体を動かした時に、足をつってしまった…という経験はありませんか?中には真夜中に寝ていて、いきなり足をつってしまった…という方もおられるかもしれません。

足がつってしまうと、あまりの痛さについ慌ててしまいます。ですが、そんな時に出来る対処方法を覚えてておくと、なってしまった時でも安心ですね。

そこで、足がつる原因と対処方法、予防方法を紹介します!

スポンサーリンク

足がつる原因は?

筋肉の縮み具合が

こむら返り(足がつる)が起こってしまうメカニズムは、筋肉にあります。

筋肉はそれだけで一つの部位ではなく、いくつもの筋繊維が集まったもの。ところが様々な原因により、筋肉の一部だけが必要以上に縮んでしまうことが。すると筋繊維同士でズレが生まれて足がつり、とても強い痛みが出てしまいます。

vinefeet2

筋肉の疲れ

ではなぜ、一部の筋繊維でズレが生まれてしまうのでしょうか。その原因はいくつかありますが、まずあげられるのが筋肉に溜まった疲労です。

筋肉を毎日使い続けていると、体が疲労を感じるように筋肉も疲労。そんな状態で無理に筋肉を動かすと、脳から受けた指示に対処出来なくなってしまいます。その結果が筋繊維のばらつきとなり、足がつってしまうのです。

冷え

急に運動を始めると、足をつってしまうことがあります。これは筋肉が冷えてこわばっているのに、無理に動かしてしまうから。

また普段から冷え性だと筋肉が冷えているため、足がつりやすくなる原因ともなります。

vinefeet1

ミネラル不足

脳から筋肉への指示には、カリウムやマグネシウムといったミネラルが必要となります。これらのミネラルが不足してバランスが崩れると、指示が上手く伝わらない原因に。

筋肉疲労や体の冷えが重なることで、さらに足がつりやすい状況を作ってしまうのです。

汗のかきすぎ

ミネラルバランスが崩れる原因の一つに、運動などでかく汗があります。

汗にはミネラルが含まれるため、大量に汗をかくと同時にミネラルも失われる結果に

また脱水症状を起こしている時も、ミネラル不足とになりやすいので注意が必要です。

妊娠中の可能性も

直接の原因ではないのですが、妊娠中の方は通常よりも足がつりやすい状態に。

お腹の赤ちゃんに栄養を与える為にミネラル不足になりやすく、足の筋肉も疲れやすいからです。

スポンサーリンク

足がつった時の対処方法

足の親指を…

足がつってしまった時は、ふくらはぎの筋肉を均等に伸ばすことで治すことが可能です。

ふくらはぎの筋肉は、次の手順で伸ばしましょう。

1.無理のない範囲で足の力を抜きます

2.足を伸ばしてかかとを床につけ、足の甲をすね側に倒すように力を軽く入れます

3.つった片足の親指を手で掴み、すねの方へゆっくり10秒ほど引っ張っります

4.ゆっくり戻します

5.痛みが和らぐまで、2~4の手順を無理のない範囲で続けます

ポイントは無理に力を入れないこと。余計な力が加わると筋肉を痛める危険があります。

予防方法は?

vinefeet3

ストレッチ

体を動かす前にストレッチを行うと、筋肉がほぐれて足がつりにくくなります。また毎日ストレッチを行うことで、急につってしまう状況を防止できます。

ストレッチ方法はいくつかありますが、日頃から出来る簡単な方法を一つ紹介します。

◆足のつりを予防する簡単なストレッチ方法

1.3~5センチ程度の厚みのある雑誌などを床に置きます

2.かかとがはみ出た状態で上に乗ります

3.軽く前方に体重をかけながら、ゆっくりかかとを上下させます

4.これを5回くりかえして1セットとし、3セット程度繰り返します

ポイントは、ゆっくり行うことと、上下は出来る範囲ギリギリまで頑張ること

上下に動くとバランスを崩しやすいので、転ばないように注意しましょう。

□ふくらはぎがつる前に予防のストレッチをしてみませんか☆

*足がつった時の対処方法の応用編で、ストレッチすることも可能です!

スポーツドリンクで水分補給

脱水気味だったり汗をかきすぎると、足がつりやすくなります。そのためスポーツドリンクを飲んで、失った水分とミネラルを補給しましょう。

これは寝る前でも効果的で、睡眠中に足がつるのを防ぐ効果も。ただしスポーツドリンクは糖分が多いので、運動中以外は飲み過ぎにも注意が必要です

食生活を見直す

普段の食生活を見直すことで、足をつりにくい体質にすることが可能です。

この場合、積極的に取りたいのが、カリウム・マグネシウムといったミネラルと、ビタミンB1。ビタミンB1には筋肉の疲労回復効果と、神経伝達を手助けする効果があるんですよ。

カリウムを多く含む食べ物は…
 バナナやアボカド・アーモンド

マグネシウムを多く含む食べ物は…
 ナッツ類や大豆、海藻類

ビタミンB1を多く含む食べ物は…
 豚肉や大豆

にそれぞれに栄養素が含まれるので、これらを上手に食生活に取り入れたいですね。

放置すると思わぬ病気が

足がつってしまうと激痛が走りますが、痛みが治まった後は意外と放置しがち。しかし何度も繰り返しす場合、骨盤の歪みなどで血流が悪くなっていることも考えられます

また心筋梗塞や動脈硬化・糖尿病の症状の一つとして、足がつっていることも。整形外科の診療を受けて筋肉の治療を行うと同時に、健康診断を受けることも強くおすすめします

足がつることを「よくあること」と思わずに、日頃の生活を見直すきっかけにしませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

急性扁桃腺炎の治療期間はどれくらい?うつることはあるの?

疲れてる時や季節の変わり目には、どうしても体調を崩しがちです。特に秋から冬にかけては、小春日

記事を読む

熱が出ると関節痛になるのは何故?その原因と対処方法は?

風邪などで熱が出るときは、なんとなく体全体がだるい症状に襲われます。それだけなら良いのですが

記事を読む

二日酔いの時はコレ!回復効果の高い食べ物や飲み物を9つ厳選!

お酒は適量であれば気分もほぐれ、美味しく素敵な時間を過ごすことができます。 しかしうっかり飲み

記事を読む

ストレートネックの症状とは?自宅でも簡単に出来る治し方!

仕事の関係で毎日パソコンを使う方にとって、気になるのがいつの間にかひどくなっている肩こり。また慢性的

記事を読む

夏に発症しやすいクーラー病の症状とは?対策と予防方法もご紹介!

温暖化の影響でここ数年の夏はとても暑く、クーラーが欠かせない状況にあります。 クーラーで快適な

記事を読む

秋にも発症する花粉症!今からできる予防と対策方法とは?

ふとしたきっかけで鼻水が止まらなくなると、風邪の初期症状をまず疑いますよね?春にこの症状が出

記事を読む

ズキズキ痛い!偏頭痛(片頭痛)の対処法と予防法とは?

急に現れる痛みはとてもやっかいで、楽しいひと時や仕事中には来てほしくないものですね。

記事を読む

冷え取り靴下とは?何枚履くもの?その効果と正しい選び方

寒い時期になると冷えに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 冷えが溜まるようになると免疫力

記事を読む

高熱が出る子供の夏風邪の症状と対策。冬風邪との違いは何?

夏の暑い時期、子供が元気よく遊んでいたと思ったら、どこからか風邪をもらってきて体調を崩すこと

記事を読む

スマホ老眼のチェック方法はコレ!気になる対策方法は?

年齢ととも起こる老化現象の中で、特に目の老化は見え方に変化が出るため判りやすいもの。通常では40~5

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

四葉のクローバーの意味と花言葉とは?見つかる確率はどのくらい?

https://youtu.be/PDBPPFsCGoQ アクセ

紫外線による目の日焼けの症状とは?効果的な対策方法と言えば?

夏が近づくと重要になるのが、紫外線対策です。 特に夏は外

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べ

バーベキューの差し入れで喜ばれるものと言えば?デザートならコレ!

夏が近づいてくると、楽しみたくなるのがバーベキュー。 み

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑