唾液が多いのは大丈夫なの?多くなる原因と対策方法は?

最終更新日: | 健康 | , , ,

salivamany1

普段あまり意識しない唾液ですが、体にとってはとても大切な役目を持っています。

しかし、人によっては気になるほど唾液が口の中に溜まってしまう事も

唾液が多いと何か問題があるのでしょうか?それとも正常なそれは反応なのでしょうか?ふとしたきっかけで唾液の量が気になりだすと、早く何とかしたいと思いますね。

そこで、今回は唾液が多い状態について、その原因と対策方法を紹介します!

スポンサーリンク

唾液の働きや効果について

唾液とは

唾液とは、口の中にある「唾液腺」という部分から出てくる液体のこと。

唾液腺はいくつもあり、1日に1.5リットル近く湧き出てきます。

そのため常に口の中に唾液があることは、正常な状態なんですよ。

唾液の成分は、99.5%が水分。残り0.05%にアミラーゼなどの消化酵素や、抗菌作用のあるラクトフェリンなどが占めます。

salivamany2

唾液の働きと効果は

唾液は口の中では、多くの働きと効果があります。

○消化
唾液に含まれるアミラーゼの効果によって、消化を手助けします。良く噛むことで食べ物と唾液が混ざることで、良く噛んで食べることはとても大切です。

○味を感じる手助け
甘い・辛いといった味は、舌の「味蕾(みらい)」という細胞で感じます。

ただし食べ物が触れるだけでは、味蕾は味をあまり感じません。

そこで唾液の消化酵素で分解することで、味の成分が味蕾に。その結果、食べ物の本来の味を感じるようになるんですよ

○細菌の進入と繁殖を防ぐ
呼吸や食べ物などの付着して進入する細菌を、ラクトフェリンの効果で殺菌。また元々口内に存在する、虫歯菌などの繁殖を抑える効果もあります。

唾液が多い原因は?

salivamany3

胃が弱ってる

食べ物の消化を担当する胃が弱ると、胃の負担を軽くする作用が働きます。

唾液には消化酵素が含まれているため、自律神経の働きによって唾液を大量に分泌。食事と大量に混ざって消化酵素を働かせることで、胃の負担を減らそうとするんですよ。

口内トラブル

口内炎や歯肉炎を発症すると、殺菌しようと唾液が大量に分泌されます。

また口の中に傷ができると、その刺激によって唾液も出てしまうことが。

更に歯の治療で銀歯などをかぶせた後に、刺激を受けて唾液が大量に出ることもあります。

唾液過多症

妊娠をきっかけにホルモンバランスが崩れることで、唾液過多症となることがあります。

その名の通り唾液が大量に分泌される症状で、中には唾液だけで満腹になってしまう人も。唾液を飲み込むだけで嘔吐してしまう人もいる一方で、自覚症状のない人もいます。

自律神経の乱れ

人体の活動のうち胃を動かすといった活動は、自律神経によって成り立ちます。唾液の量を調節する働きも、自律神経の担当。

ところが自律神経が乱れてしまうと、必要以上に唾液が分泌してしまいます。

唾液が飲み込みづらい

唾液の量は普段と変わっていないのに、多く感じられるときがあります。

「気のせい」ということもありますが、唾液を飲み込めない状態で感じることも。

原因としては、喉周辺や扁桃腺の炎症が考えられます。

スポンサーリンク

唾液が多い時の対策方法は?

規則正しい生活

自律神経の乱れは、主に生活の乱れとストレスによるもの。胃腸が弱っている原因も、ストレスによるものかもしれません。

自律神経を整えるには、早寝早起き・適度な運動といった規則正しい生活が大切。

食事も胃腸に負担の掛かりにくい、消化の良い食事を心がけましょう。

その上で趣味に没頭するなど、ストレスを発散することをおすすめします。

病院に行く

虫歯や歯肉炎がある場合は、素直に歯医者で治療を受けましょう。

口内炎に関しては歯科でも治療が可能ですが、耳鼻咽喉科が専門。お医者さんの指示にしたがって、ステロイド剤やうがい薬での治療を根気良く続けましょう。

また喉の炎症で唾液が飲み込みづらい場合も耳鼻咽喉科での治療を受けましょう。

特に原因がなく唾液が多く感じるなら、放置していても問題ありません。しかし何ヶ月も続くようであれば、消化器科で一度検査を受けましょう。

つわりが治まるのを待つ

唾液過多症はつわりの一種なので、妊娠のある時期が過ぎれば治まります。また飲み込むと気持ち悪くなるようなら、適度に吐き出すといった工夫で頑張って乗り切りましょう。

それと唾液が常にあることで喉の渇きを感じにくくなるため脱水症状になりがち。意識して水分補給を心がけて、赤ちゃんにも水分が届くようにしましょう。

salivamany4

気になるなら病院へ

関連記事:唾液から臭いがするのは何故?その原因と適切な対策方法

唾液は少ないよりは多いほうがまだ良く、体のためにとても役立つものです。無意識で常に飲みこんでいるものなので、基本的には気にしなくても大丈夫。

しかしごくまれに脳に悪い症状が出ていて、それが原因ということもあります。舌に痺れもあるようなら、すぐに消化器科などに相談しましょう。

それ以外でも気になるようなら、病院で原因を突き止めると安心ですね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

子供のインフルエンザ予防接種 最適な時期、料金や回数は?

□2歳11ヶ月・インフルエンザ予防接種 http://youtu.be/Oq2eh7jmiqw

記事を読む

歯茎が痛い!腫れの原因と治療法は?

みなさん、歯茎の腫れで悩んだ事はありますか? 歯医者さんにはなかなか足が向かないものですよね。

記事を読む

冬の寝汗は何故?寒いのに寝汗をかく原因と対策方法

冬の寒い日、朝に眼が覚めると、 ものすごく寝汗をかいていたってことはないでしょうか? そ

記事を読む

健康や美容に良い水素水の効能とは?効果的な飲み方もご紹介!

近頃話題となってるものに、「水素水」というものがあります。 ドラッグストアやフィットネ

記事を読む

マスク+メガネ=曇る!その原因と対策方法は?

寒くなる季節、風邪やインフルエンザ予防の為にも マスクが必需品となりますよね。 でもこの

記事を読む

急性声帯炎で声が出ない!治るまでの期間や発症する原因は?

芸能ニュースで、時々『急性声帯炎で休養』というものを見かけます。声が出ないとなると芸能界でな

記事を読む

花粉症の症状 咳や頭痛がする原因と対処は?

「くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ」 これが花粉症の典型的な症状です。 でも、花粉症

記事を読む

寒暖差アレルギーってどんな症状?予防と対策は?

鼻炎や花粉症でもないのに鼻がムズムズする・・・ そんな人は要注意! それは寒暖差アレルギーかも

記事を読む

大人もかかる?りんご病の症状と治療方法。妊婦が注意する点は?

妊婦さんはお腹の赤ちゃんを守るために、いつも以上に健康に気をつけなければなりません。場合によ

記事を読む

ぎっくり腰って冷やすのか温めるのかどっちが良いの?

「ぎっくり腰」って良く聞く言葉ですよね。 でも、ぎっくり腰になって、ものすごく痛くてたまら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「日韓交流おまつり 2017 in Tokyo」の日程と見どころ!ゲストが楽しみ!

お隣の国・韓国は、食も文化も身近な存在ですよね。 「ハングル文字

福島の会津まつり2017年の日程と見どころ!豪華参加ゲストも楽しみ!

日本全国で行われるお祭りには、その土地ならではの歴史が盛り込まれている

新潟上越の謙信公祭2017年の日程と最大の見どころは?

戦国時代の人物の中には、全国的に名前が知られて人気の高い人物が何人もい

深川八幡祭り2017年は本祭り!屋台や水掛けなど見どころを紹介!

東京を代表する、三大祭をご存知ですか? 神田祭・山王祭・深川祭が

盛岡さんさ踊り2017年の日程と見どころ!岩手の名前の由来は?

夏祭りといえば、盆踊りに代表されるように「踊り」のイメージがありません

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑