青森・奥入瀬渓流の美しい紅葉、2016年の見頃と楽しみ方!

| 紅葉 | , , , ,

になると賑やかな都会を離れて、どこか遠くへ行きたくなるものです。身近な木々の紅葉も美しいのですが、遠く離れた自然豊かな地の紅葉はより美しいもの。

そんなひとときを過ごしたい方におすすめなのが、青森県にある奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)

国から特別名勝・天然記念物に指定されている渓流の紅葉は、自然のままの美しさです。

そんな奥入瀬渓流の2016年の紅葉の見頃と、おすすめの楽しみ方を紹介します!

スポンサーリンク

奥入瀬渓流の紅葉の見頃は

見頃は10月下旬頃

奥入瀬渓流は、青森県と秋田県の県境にある「十和田湖」を水源とする奥入瀬川の渓流です。

周囲は国立公園にも指定され、最低限の人の手が入るのみの自然豊かな地となっています。

oirasekeiryukouyou1

奥入瀬渓流の紅葉は、10月上旬から始まって10月下旬にピークを迎えます

寒さがいち早く訪れる東北地方であり、なおかつ山間に位置するため紅葉は少々早め。10月中の天候の良い日を選んで、見に行く事をおすすめします。

奥入瀬渓流の樹木は

奥入瀬渓流の紅葉は、赤や茶色に色づく樹木が多め

赤く色づくモミジ・カエデ・ケヤキ
茶色く色づくミズナラ・ブナ・トチノキ
がメインとなります。

もちろん黄色く色づく樹木もあり、更には渓流にある岩にはのコケが。場所によって様々な色が楽しめるのも、奥入瀬渓流の魅力です。

奥入瀬渓流の紅葉、見どころ・楽しみ方

oirasekeiryukouyou2

自信があるなら全コース踏破を

奥入瀬渓流は十和田湖畔の「子ノ口」から「焼山」まで約14キロの道のりとなります。渓流に沿って整備された遊歩道もありますが、全て歩くと5時間近くかかる長丁場。

幸いなことに一般道も並走し、本数は少ないですが十和田湖を往復する路線バスもあります。疲れたらバスで移動するなどして、奥入瀬渓流を楽しむのがオススメです。

参考:奥入瀬渓流~子ノ口マップ

しかし体力に自信があり、沢歩きが得意であれば14キロの長丁場を歩くのもオススメ。上流へのなだらかな上り道は歩きやすく、また変化に富んだ自然にきっと満足できますよ。

スポンサーリンク

初心者にオススメのコースは

短い距離で絶景ポイントは逃したくないなら、石ヶ戸から雲井の滝の区間を頑張りましょう。この間の距離は約3キロで、1時間前後の散策路となります。

この区間にはもっとも流れの早い阿修羅の流れや、高さ20メートルから落下する雲井の滝が。その他にも見どころがいくつもあるため、あっという間に3キロを歩けてしまいますよ。

□奥入瀬紅葉・阿修羅の流れ 2009

*激しい流れと、上にかかる紅葉の取り合わせが魅力的です。

銚子大滝は外せない

奥入瀬渓流の散策路からは、いくつも滝が見ることができます。ただしいずれも周囲にあるもので、奥入瀬渓流にある滝ではありません。

しかし銚子大滝は、奥入瀬渓流に唯一ある滝。幅20メートル・高さ約7メートルの滝は、奥入瀬渓流最大の観光スポットです。

ここから子ノ口までは約1.6キロと歩きやすい距離のため、このコースを歩くのもオススメ。

□奥入瀬渓流の美しい紅葉

*奥入瀬渓流全体の様子が判る動画ですが、3分55秒頃より銚子大滝が登場します。

また逆にここから下流に向かって歩くと、九段の滝・不老の滝などいくつもの滝が。バス停までの距離が約5キロもありますが、挑戦したくなるコースでもありますよ。

どの時間がオススメ?

奥入瀬渓流は自然の遊歩道のため、夜間に見に行くのはオススメできません。ゆっくり散策するのであれば、見通しの良い午前中からお昼ぐらいにかけがオススメ

一方でもっとも美しいと言われているのが、早朝の時間帯。済んだ空気の中での紅葉はより色濃くなり、また渓流のせせらぎが爽やか朝を演出します。

アクセス

oirasekeiryukouyou3

公共交通機関でのアクセス

東京方面から奥入瀬渓流へ向かう場合、東北新幹線などを乗り継ぐ必要があります。

東北新幹線で八戸駅まで乗り、そこから「十和田湖(休屋)」行きのJRバスに乗車。奥入瀬渓流の入り口に当たる焼山までは、渋滞がなければ約1時間半ほどで到着となります。

なおバスの本数は1~2時間に1本と少なく、乗り遅れると帰りの足がなくなる恐れが。必ずバスの運行時刻を確認してから、行動を起こしましょう。

参考:JRバス東北のページ

車でのアクセス

車で向かう場合は、東北自動車道の十和田ICから国道103号線へ。ここから十和田湖方面へ、約50キロほど走ることになります。

渋滞がなければ、約1時間程度で十和田湖の奥入瀬渓流付近へは到着しますが、この時期は例年道路が渋滞します。八戸や青森までJRなどで行き、現地でレンタカーを借りる方法もありますよ。

動きやすい服装で出かけよう

奥入瀬渓流は散策を楽しむ紅葉の名所で、心地よい汗をかきながら美しい景色が楽しめます。そのため動きやすい服装と運動靴、雨に備えてレインコートなどの雨具の準備が必要です。

またバスの便が少ないため、万が一に備えて、スマホ・携帯の電波状況の確認もしておきましょう。歩き慣れていないかたは歩ける範囲で、自信のある方は踏破に挑戦してみては。

体全体で紅葉を楽しめる奥入瀬渓流で、青森の短い秋を楽しみましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

六義園の紅葉、2016年の見頃はいつ?ライトアップ期間は?

紅葉を見に行こうと思うと、どこか遠くへ行かないといけないイメージがありませんか?しかし都会の真ん中に

記事を読む

東京新宿御苑の紅葉、2016年の見頃はいつ?ライトアップは?

ビルが立ち並ぶ東京都心でも、実は緑が多くあり、季節の移り変わりを感じられるところも多くあります。

記事を読む

美しい滋賀のメタセコイア並木の紅葉。2016年の見頃はいつ?

紅葉と言われると、まずモミジの赤を思い浮かべる人は多いかと思います。確かにモミジの紅葉は美しいのです

記事を読む

明治神宮外苑の紅葉、2016年の見頃やいちょう祭りの期間は?

明治神宮外苑は、一年を通じて緑が多く、気軽に立ち寄れるオアシスとして親しまれています。 特に秋

記事を読む

紅葉と黄葉の違い、赤色や黄色に色づくしくみとは?

秋になると、木の葉が紅色や黄色に色づいてきれいですよね。 実は、木の葉は、紅色になるも

記事を読む

古都京都で紅葉を楽しむならココ!おすすめのスポット5選!

秋といえば紅葉が美しい季節。そんな時にやはり行きたいところが、古都・京都です。 いつ行っても美

記事を読む

大阪箕面公園の紅葉。2016年の見頃は?駐車場はある?

紅葉狩りというと、一般的には美しい紅葉を見て楽しみつつ、幕の内弁当を頂いて…といったような風

記事を読む

見どころ沢山!昭和記念公園の紅葉、2016年の見頃と楽しみ方!

美しい秋の紅葉は、いつまでも見ていても飽きない人も多いのでは。 しかし紅葉を楽しむにはちょっと

記事を読む

紅葉(もみじ)と楓(かえで)の違いって何?見分け方は?

秋の夕日に照る山紅葉 濃いも薄いも数ある中に 松をいろどる楓(かえで)や蔦(つた)は

記事を読む

北海道・定山渓の紅葉、2016年の見頃とおすすめの楽しみ方!

春の訪れを告げる桜前線は、南から北へと横断して5月中旬頃に終わりを告げます。一方秋の訪れを感じる紅葉

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

四葉のクローバーの意味と花言葉とは?見つかる確率はどのくらい?

https://youtu.be/PDBPPFsCGoQ アクセ

紫外線による目の日焼けの症状とは?効果的な対策方法と言えば?

夏が近づくと重要になるのが、紫外線対策です。 特に夏は外

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べ

バーベキューの差し入れで喜ばれるものと言えば?デザートならコレ!

夏が近づいてくると、楽しみたくなるのがバーベキュー。 み

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑